猫が飼い主の『お風呂上がり』を待つのはなぜ?4つの理由

猫が飼い主の『お風呂上がり』を待つのはなぜ?4つの理由

ドアを開けると猫が待機していることはありませんか?出待ちと言われるこの猫の行動は、お風呂から上がった時やトイレから出る時によく見られます。今回は、お風呂上がりの出待ちについて見ていきましょう。

1188view

1.何があるのかニャ?

お風呂場に入ってくる猫

お風呂場に対して興味津々のため、猫はじっと出待ちをしている可能性があります。

ドアを閉めたお風呂場からは水の音も聞こえ、暖かさも感じられます。

中はどのようになっているのか、美味しいものがあるのかなど、猫の好奇心が刺激されて仕方がないのかもしれません。

ただし、ドアを開けてあげると猫は水を怖がって逃げてしまう可能性が高いでしょう。

2.中に入って大丈夫ニャン?

チョロ覗きをしている猫

中にいる人間を心配して、ずっと入り口で待っている猫もいます。

人間の事を母猫と感じていたり、逆に子供と感じている猫は多くいます。

そのために、お風呂に入る人間を心配して外で待ってしまうようです。

あまり長時間入っていると、ドアから入ろうとしたり大声で呼ぶように鳴くこともあります。

3.遊んでくれるニャ?

お風呂場の前をうろうろする猫

お風呂に入っている人の心はリラックスしている事が多いですよね。

そのため、出てきたら遊んでくれると思い、待っていることがあります。

猫は、人間の心の様子を、嗅覚や聴覚などの優れた感覚器で察知しています。

いつもの心音と、よりリラックスしている時の心音や呼吸音を聞き分けているようです。

気持ちよさそうにお風呂に入った人間は、出てくると楽しそうに遊んでくれると感じているのかもしれませんね。

4.匂いが消えたニャー

洗濯物の匂いを嗅いでいる猫

お風呂に入った人からは、テリトリーの証拠である自分の香りが匂っていないため、匂い付けのため出待ちをしています。

猫にとって、人間と暮らす家も人間も自分のテリトリーです。自分のテリトリーで自分以外の香りが漂っていることを不自然に感じるようです。

そのため、いち早く匂いを付けられるように出口で待機しているのでしょう。

まとめ

洗面台に入り込む2匹の猫

猫が飼い主の『お風呂上がり』を待つのはなぜ?4つの理由についてお伝えいたしました。

猫はこのように可愛い気持ちからお風呂上がりに出待ちをしているようです。

ドアを開けた途端に猫が座り込んでいると幸せを感じますよね。

幸せだなと人間が思ってくれることも、猫には分かっているのかもしれませんね!

スポンサーリンク