猫が飼い主を『上目遣い』で見るのはなぜ?3つの理由

猫が飼い主を『上目遣い』で見るのはなぜ?3つの理由

クリクリとした大きな瞳は猫の魅力の1つですよね。そんな愛らしい瞳で、上目遣いをすることがあります。いったいなぜなのでしょうか?その理由を3つご紹介します。

1035view

1.ご飯の催促

お皿の前の猫

猫は、お腹が空いてご飯を催促するときに上目遣いをすることがあります。

空になったお皿を前に、特に鳴くわけでもなく、上目遣いで飼い主さんをじっと見つめるのです。

「早く入れてよ!」と言わんばかりの表情に、飼い主さんも「早くご飯をあげなくては!」という気持ちになるでしょう。

ご飯だけではなく、トイレ掃除の催促の場合もあります。

「早く掃除して!」と目で訴えているのです。

愛猫が何を求めているのか、読み取ってあげましょうね。

2.遊んでほしい

オモチャを抱えている猫

猫は遊んでほしいとき、ニャーと鳴いたり、飼い主さんの体にスリスリしてアピールします。

それだけではなく、ただじっと待ち、上目遣いで無言の訴えをしていることがあります。

飼い主さんにとってはわかりづらい猫のアピールですが、気づいてあげたいですよね。

オモチャを使った遊びは、猫のストレス発散に繋がるため、大切な日課です。

短時間でもよいので、遊びの時間を確保してあげましょう。

3.甘えている

上目遣いの猫

スリスリと足元に寄ってきて、上目遣いで飼い主さんをを見ることがありますよね。

そんな愛らしい目で見られたら、飼い主さんもたまらず声を掛けたり、撫でたりしてしまいますよね。

そのような経験を猫はよく記憶しています。

「こうすれば飼い主さんは構ってくれる」と学習しているのです。

上目遣いでアピールするのは、愛猫が甘えたいと思っているときです。

スキンシップのチャンスですので、思う存分甘えさせてあげましょうね。

まとめ

上目遣いの猫

いかがでしたか?

気ままな猫に翻弄されながらも、その可愛さに参ってしまっている飼い主さんも多いでしょう。

猫の可愛い仕草の1つが「上目遣い」と言っても過言ではないかもしれません。

この「上目遣い」にも猫の気持ちが隠されていますので、飼い主さんは読み取ってあげて下さいね!

スポンサーリンク