猫への話しかけは『赤ちゃん言葉』がいいって本当?3つのメリット

猫への話しかけは『赤ちゃん言葉』がいいって本当?3つのメリット

猫に話しかけるときはどのような話し方になっていますか?「猫には赤ちゃん言葉で話かけるのがいい」と言われることがあります。なぜ猫に赤ちゃん言葉がいいのか、そのメリットをご紹介します。

703view

1.驚かない

寝そべって前を向く猫

赤ちゃん言葉など小さな子どもに話しかけるときは、大声になることはあまりないですよね。

猫に対しても、赤ちゃんに話すような話し方にすることで警戒されにくくなります。

猫は聴覚が優れていて、人間が聞き取れないような音も聞き取ることができます。

そのため、大きな声や大きな音が苦手で、驚いて逃げたり隠れたりしてしまう場合があるのです。

キャーキャー騒いでしまう小さな子どもや猫好きな人とは、相性が悪いこともあります。

猫には、小さめの声で接することが大切です。

2.怖くない

首を傾げる猫

猫は低い声も苦手です。

生き物が威嚇をするときは低い声を出します。低い声で話しかけられると猫は威嚇されているように感じたり、怖いと感じたりしてしまうのです。

赤ちゃん言葉など子どもに話しかけるときは、自然と高めの声になることが多いのではないでしょうか。

高めの声にすることで猫が恐怖を感じにくくなりますし、聞き取りやすくなると言われています。

ただ、高めの声が良いと言っても、甲高かい声は猫が苦手としているので注意しましょう。

我が家の猫は人が苦手で慣れていない人に対してはシャーと威嚇します。

男性のお客さんが来たときも威嚇して怒ったような顔をしていたのですが、高めの声で名前を呼ばれると猫は「え!今名前を呼ばれた?」ととても意外なことが起きたような表情になったことがありました。

猫とコミュニケーションをとるには話し方が大切なんだと思った瞬間でした。

3.安心できる

2匹の子猫

赤ちゃんに話しかけるときには、口調が普段より優しくなりますよね。

さらに「可愛いね」など、ほめる言葉も多くなりますよね。

猫もこのような話し方だと嬉しくなります。

穏やかな話し方で「可愛いね」「いい子だね」と猫に声をかけると、目を細める、しっぽをまっすぐに立てて近づいてくる、喉をゴロゴロ鳴らして体を擦りつけるなどうれしい気持ちや甘えたい気持ちを表してくれるでしょう。

猫との良いコミュニケーションになりますので、赤ちゃんに話しかけるような話し方で声をかけてあげましょう。

まとめ

赤ちゃんと猫

猫に赤ちゃん言葉で話しかけると、猫が警戒しにくくなるというメリットがあります。

小さめの声、高めの声、穏やかな口調がポイントです。

まだ人に慣れていない猫は、飼い主さんに対して安心したり、信頼関係を築きやすくなったりすることが期待できます。

すでに飼い主さんと仲良しな猫は、より仲良くなれるかもしれません。

赤ちゃん言葉は苦手という方もいると思いますが、小さな子どもに話しかけるようなイメージで猫に声をかけてみましょう。

スポンサーリンク