猫が実は飼い主に『気を遣っていること』3つ

猫が実は飼い主に『気を遣っていること』3つ

日頃何も考えず自由に生きているように見える猫。しかし、そんな猫も実は「猫なりの気遣い」を飼い主さんにしている場合も数多くあるのです。今回は意外と見落とされがちな猫の気遣いについて解説していきます。

1333view

猫はこんなことを気遣っている!?

カーテンの隙間から覗き見る猫

猫に対して「自由気まま」「マイペース」といった印象を持っている方は少なくないかもしれません。

しかし一緒に生活してみると、実は意外と細かい部分で飼い主さんに気遣っている姿も多く見られます。

今回は、さまざまな猫にありがちな「猫がよく見せる飼い主さんへの気遣い」について解説してまいります。

1.悲しんでいる飼い主さんに寄り添う

猫を抱っこする女性

猫は人間の感情に対して、実はかなり敏感だったりします。

飼い主さんが落ち込んでいたり泣いていたりする時、すぐに察知して寄り添ってきたり、スリスリしてきたりすることもあるのです。

また「飼い主さんが悲しんでいる」というところまでは理解できなくても、(いつもと様子が違う飼い主さんのことが気になる)と思って近寄ってくる猫もたくさんいます。

そんな優しい猫の気遣いを見て癒されたり、元気をもらえたことのある飼い主さんも実はかなり多いのではないでしょうか。

2.子供に対して穏やか

猫と子供

「人間の子供は弱い」「まだ成長途中だ」ということを、なんとなく理解している猫もたくさんいます。

子供から多少ちょっかいを出されたとしても「まだ子供だから仕方ない」と思っているのか、あまり怒らずに耐えたり、怒ったとしても控えめな怒り方をすることがあるのです。

大人相手だと容赦なく怒るのに、子供にだけは何故かわりと寛容…という場合は、相手は子供だから穏やかに接しようと気遣いしているのかもしれません。

3.飼い主さんの機嫌を見て甘えに行く

上を見上げるサバトラ猫

飼い主さんの機嫌をしっかりと見極めてから、自分の振る舞い方を考える猫もいます。

飼い主さんがご機嫌で楽しそうな気分の時を狙って甘える猫も。

そのような猫は、なるべく飼い主さんの負担にならないように気を遣っているのかもしれません。

猫にも気分が良い時と悪い時がありますが、人間も同じで「気分に波がある」というのを本能的に理解しているのかもしれませんね。

飼い主さん側も気を遣って、猫の機嫌が良さそうなタイミングを狙って構ってあげるようにすれば、きっとお互いにとってさらに良い関係を築くことができるでしょう。

まとめ

子供に押しつぶされている猫

猫は意外にも飼い主さんに対してあらゆる面で気を遣っているようですね!

もちろん猫によって個体差はあります。

しかし、猫も飼い主さんも、お互いに気を遣って気持ちよく共同生活できるように目指してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク