猫の生死に関わる『危険な飲み物』3選!誤飲した時の対処法とは?

猫の生死に関わる『危険な飲み物』3選!誤飲した時の対処法とは?

普段私たちが何気なく飲んでいるものの中には、猫にとって命の危機にさらされてしまうものもあります。もしも愛猫が危険な飲み物を口にしてしまった時には、どのように対処したら良いのでしょうか。本記事では、猫にとって危険な飲み物や対処法についてご紹介したいと思います。

1788view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1.ミネラルやカルシウムを多く含んだ飲み物

コップに注ぐ水

こちらの代表的なものは、ミネラルウォーターや麦茶です。

特に猫にとってミネラル過多は尿石症の原因になってしまうこともあります。

またミネラルウォーターにも「硬水」と「軟水」のものがありますが、「硬水」のものにはカルシウムも多く含まれています。

このカルシウムも尿石症を発症してしまう原因になってしまいます。

そのため、水を飲ませる時に「硬水」は避けなければならないと言えるでしょう。

麦茶にはカフェインが含まれていないので猫が飲んでも大きな問題はありません。カルシウムやマグネシウムなどのミネラルが含まれていますが微々たるものです。少々飲んだとしても尿石の原因になるレベルの量ではありません。

しかし、一度でも尿石症を発症したことのある猫。の場合は積極的にあげるのはやめましょう。

2.カフェインを含んだ飲み物

猫とコーヒー

カフェインを含んだ飲み物と言えば、真っ先にコーヒーを思い浮かべる方も多いと思いますが、実はカフェインを含んだ飲み物はコーヒーだけではありません。

カフェインは、紅茶・緑茶・ウーロン茶・コーラ・エナジードリンク・栄養ドリンクなど多くの飲み物に含まれています。

そしてこれらの飲み物は猫にとってとても危険なのです。

猫がカフェインを摂取してしまうと、嘔吐や下痢、神経系や心臓の異常といった中毒症状を引き起こしてしまいます。

特にお茶は、飲み物自体よりも茶葉のほうがカフェイン濃度が高いため危険です。

3.カカオ飲料

ココア

こちらは、特に寒い季節によく飲まれているイメージのあるココアやホットチョコレートなどが該当します。

これらに原料として使用されているカカオには「テオブロミン」という成分が含まれており、これが猫にとって命をも脅かす危険なものになります。

ほんの少しでも口にしてしまうと中毒症状を引き起こしてしまう可能性があります。

そのため、飼い主さんがこういったものを飲んでいる時は、猫と飲み物から目を離さないように注意する必要があるでしょう。

愛猫が危険な飲み物を誤飲してしまったら

診察中

もしも愛猫が危険な飲み物を口にしてしまったら、すぐに動物病院を受診するのが良いでしょう。

その際には「何をどれくらい飲んでしまったか」「口にしてしまったことに気付いてからどれくらい経過しているか」を伝えると獣医さんも処置がしやすくなります。

たとえ中毒症状が出ていなくても、危険な飲み物を口にしてしまったことに気付いた時点で動物病院に連れて行ったほうが良いです。

しかし、もし愛猫の様子を見て受診を迷う場合には、まずは電話で病院に確認してみることをお勧めします。

まとめ

猫とマグカップ

猫にとって危険な食べ物や飲み物は、人と暮らす猫にとって非常に身近な物と言えるでしょう。

今回挙げていない飲み物の中にも危険なものはあります。

特にお酒は急性アルコール中毒を引き起こしてしまう危険性があります。

もし愛猫がコーヒーやお酒といった飲み物を誤飲してしまった時は「どうしよう!」と慌ててしまいそうになりますよね。

しかし、そのような時にこそ、飼い主さんは落ち着いて対処する必要があります。

迅速に動物病院で治療をしてもらえば、助かる可能性も高くなります。

かかりつけの病院の他にも、夜間や緊急時に対応してくれる動物病院を事前に調べておくと安心ですね。

スポンサーリンク