猫が『膝の上』で毛繕いするのはなぜ?3つの意味

猫が『膝の上』で毛繕いするのはなぜ?3つの意味

猫が膝の上に乗り、突然毛繕いを始めることがありますよね。膝の上に乗ってくれるのは嬉しいことですが、いったいどんな意味があるのでしょうか?今回は、猫が膝の上で毛繕いをする意味を解説します。

725view

1.ルーティンだから

毛繕いしている猫

猫は気ままに過ごしているように見えても、実は行動には決まった流れがあります。

食事を終えお腹いっぱいになると、飼い主さんの膝の上に乗って毛繕いを始めたら、いよいよ寝る準備です。

このように、猫にはルーティンがあります。

飼い主さんの膝の上で毛繕いするのも、ルーティンの一部なのです。

2.落ち着きたいから

毛繕いしている猫

飼い主さんの膝の上で毛繕いをするのは、猫が落ち着きたいときでもあります。

これは「転位行動」と呼ばれ、何かに失敗したときや、ストレスを感じたときに、全く関係ない行動をして気持ちを落ち着かせるのです。

同じ部位を執拗に舐めていたら、「転位行動」であると言えます。

また、毛繕いだけではなく、急に爪研ぎをしたり、あくびをするのも「転位行動」の一種です。

安心出来る飼い主さんの膝の上で、気持ちを落ち着かせたいのでしょうね。

3.リラックスしている

毛繕いしている猫

猫は、自分で毛繕い出来ない生後1ヵ月くらいまでは母猫に毛繕いをしてもらいます。

母猫に舐められると子猫は気持ちよく眠ってしまうほどです。

自分で毛繕いをするようになっても子猫時代を思い出し、リラックスしているのでしょう。

また、猫のザラザラした舌は、皮膚に刺激を与え、脳を活性化します。

脳からセロトニンが分泌されるため、リラックス効果があると言われています。

大好きな飼い主さんの膝の上で、安心しきっているのでしょうね。

まとめ

毛繕いしている猫

いかがでしたか?

愛猫が膝の上で毛繕いする意味を3つご紹介しました。

猫の行動1つ1つにきちんと理由があります。

リラックスしているだけではなく、時にはストレスを抱えている可能性もあります。

ストレスの原因は、環境の変化や騒音、来客、同居猫との不仲など日常生活に潜んでいます。

過剰に毛繕いをしている場合は、ストレスの原因を突き止めることが大切です。

愛猫がどんな心理なのか、じっくり観察してあげましょうね。

スポンサーリンク