猫に『鶏のささみ』は与えてOK?知っておきたい5つのポイント

猫に『鶏のささみ』は与えてOK?知っておきたい5つのポイント

鶏のささみ、ヘルシーでおいしいですよね?愛猫とも一緒に楽しみたい!でも与えてよいものか…。そんな悩みはこの記事を読めば全て解決です!!シャキーン!ぜひ読んでいってくださいねー♪

780view

SupervisorImage

記事の監修

日本では獣医師。世界では旅人。”旅する獣医師”として世界各国を巡り、海外で見てきた”動物と人との共生の様子”を、執筆や写真展を通して皆さんと共有する活動をしています。

1.ささみは与えてOK!

ささみ

結論からいうと、猫にささみは与えてオッケ!いくつかポイントはあるものの、それさえ押さえれば、愛猫と一緒に楽しめます♪

ささみは低脂肪でタンパク質豊富。体を温め、免疫力アップも期待できます。

愛猫のために買ってきてもよいですし、飼い主さんが料理に使うとき、お裾分けしてあげてもよいでしょう!クセがないので、猫も食べやすいはずです。

2.適量に気をつける

スケール

猫に与えてもよいと聞けば、食べたいだけ与えちゃう♡それはダメです。適量がありますので、それを超えないようにしてあげましょう。

大体1日のご飯の、5%程度以下の量になるように調整してください。

ささみはタンパク質が豊富なのですが同時に「リン」という栄養素も豊富です。そのため、ささみをたくさん与えるとリンの過剰摂取となり、カルシウムの吸収がさまたげられてしまいます。骨格の異常や尿路結石になる可能性があるため、適量を守りましょう。

また、腎臓疾患の悪化原因となる場合もあります。

3.味付けはなしで!

沸騰したお湯

猫にささみを与えるときはおいしく味付けをして…。という気遣いは無用です。

味付けは塩分などを与えすぎることになってしまいます。愛猫の体調不良を招く恐れがあるため、無味付けで与えましょう。

「それじゃおいしくないんじゃ?」という心配もご無用です。ささみオンリーでも猫は十分旨味を感じてくれますので、お湯で茹でるだけとかレンチンするだけとかで大丈夫!

茹で汁も有効活用できます。水分補給やキャットフードのトッピングに使ってください。小分けにして冷凍しておけば、便利です。

4.アレルギーの可能性

かく猫

鶏肉アレルギーがある猫には、ささみは与えられません。いくら頼み込まれても、ムリです。謹んでお断りしてください。

愛猫が鶏肉アレルギーかどうかわからない場合は、ごく少量から与えるようにするとよいでしょう。それで反応を見て、何も異常がなければ食べられるということです。少しずつ、与える量を増やしていってあげましょう。

嘔吐下痢、皮膚の痒みや脱毛、目やになどに特に注意してください。

5.ささみふりかけでお手軽に♪

ふりかけ

愛猫にささみを手軽に与える方法があります。それは「ふりかけ」にすること。

ささみを縦半分にカットし、薄く伸ばしましょう。それをグリルで焼き、フードプロセッサーなどで細かく砕けば完成!

お手軽にパラパラとフードにふりかければ、愛猫大喜び♪のイメージ図が浮かびます。冷蔵庫で1週間程度保存ができるので、ぜひご活用ください。

ちょっと温めて香りを立てれば、食欲がないときのブースターにもなってくれるでしょう。

まとめ

さりりちゃん

猫用のささみおやつは多数販売されているため、それだけ相性がよいのは確実です。与える量には注意して、上手に使っていきましょう!

スポンサーリンク