猫に『甘えん坊』になってもらうには?試してみたい5つの事

猫に『甘えん坊』になってもらうには?試してみたい5つの事

ベッタベタに甘えてくる猫や膝に乗ってくる猫。そんな甘えん坊な猫はかわいいものです。でもウチの愛猫はそっけなくて全く甘えてきてくれない!猫に甘えてきてほしいときに試したい事をお伝えします。

3880view

1.子猫の頃から慣れさせる

抱っこされる子猫

子猫を迎えた場合は、人に慣れさせるようにするとよいでしょう。優しく声をかけたり撫でたりして、怖くない存在と思ってもらうのです。人の手の温かさを知ってもらえば、遠慮なく甘えてきてくれるでしょう。

子猫の方が環境に順応しやすいため、慣れるのに時間がかからない場合が多いですが、迎えた猫が成猫であっても諦める必要はありません。たとえ時間はかかっても、根気よく接していればいつか、甘えてきてくれる日が来ます。

そのときを楽しみに、愛猫の様子を見ながら接していきましょう!

2.甘えたいときに甘えさせる

甘える猫

猫を甘えん坊にさせたいのなら、甘えてきたときに存分に甘えさせましょう。そうすれば、「甘えたいときはいつでも受け入れてもらえる!」と思うはずです。もし猫が甘えたいときに拒否してしまうと、「甘えようとしても嫌がられる」とインプットされてしまいます。

忙しいときはできない場合もあるかもしれませんが、可能な限り応じていきましょう。猫は相手の気持ちを察するのが上手なので、もし甘えさせられなかったときは後でフォローを入れておくと、わかってくれるでしょう。

3.お世話をしっかりする

ブラッシング

猫のお世話をしっかりすることは、猫の甘えん坊化に有効です。彼らは飼い主さんの様子をじっと観察しています。その上で、言い方は悪いですが猫にとってメリットがある人に懐くのです。

猫の要求にもちゃんと応じてあげましょう。信頼関係が築かれ、甘えん坊化への土台が出来上がります。何かあったときは飼い主さんを頼るようになるでしょう。

4.不妊手術を行う

術後

不妊手術を行うと、猫は子猫のままの性格になるといわれています。生殖への欲求がなくなり、ナワバリ意識も薄くなるようです。ある意味で緊張感が薄れ、甘える余裕が出てきます。

自分のお世話をしてくれる飼い主さんを、母猫のように思う場合もあるでしょう。そうなれば、もう甘えん坊確定です。親子猫のような関係を楽しんでください。

5.オス猫を飼う

甘えん坊

メス猫よりもオス猫の方が甘えん坊になりやすいといいます。実際、筆者宅の猫もそうです。メス猫も甘えますが時間限定の場合が多く、オス猫の方がしょっちゅう甘えてくる傾向があります。

ですから、もし愛猫に甘えられたいという場合はオス猫を飼うとよいでしょう。もちろん個体差がありますので、飼う前に見極める必要はあります。もしトライアルができるなら、利用してみてください。

まとめ

天ちゃん

愛猫に甘えられるのは嬉しい反面ちょっと困る場合もあり…。しかし、やはり甘えてくる方が愛着を感じる飼い主さんは多いでしょう。

愛猫への接し方によって、甘えん坊化はできます。理想の関係になれるよう、お伝えした方法を試してみてください。

スポンサーリンク