猫との関係が良好な人には共通点がある!3つの特徴

猫との関係が良好な人には共通点がある!3つの特徴

猫とは言葉を使っての会話はできませんが、ある程度信頼関係が築けると、何を言いたいのかがなんとなく分かるようになります。猫との関係が良好な人の特徴を取り入れることで、猫との関係がより良いものになるかもしれません。では「猫との関係が良好な人」とはいったいどのような特徴があるのでしょうか。

991view

1.猫が嫌がることを分かっている

膝の上に乗る猫

猫が「信頼できる人、安心できる人」と思う人は、猫が嫌がることをしません。

猫を驚かせる、怖がらせる、敵意があると思われるような行動をとらないことがポイントです。

大きな声や音を出さない

猫は大きな音が苦手です。

猫の近くにいるときや、猫に話しかけるときは、小さくて高めの声にすると猫が安心できます。

また、ドタバタと足音をたてたり、大きな動きをしたりすることでも猫は驚いてしまいます。

猫の近くでは静かに行動しましょう。

目を見つめない

猫同士では相手の目を見つめることは敵意があることを意味していて、喧嘩に発展することもあります。

相手に敵意がないことや愛情を伝えるときは、目を細めたりゆっくりまばたきをします。

猫との関係が良い人は、猫の目を見つめずに、ゆっくりまばたきをして猫に愛情を伝えているのです。

ただし、猫との信頼関係が築けていると、猫が人を見つめて色々と要求をすることもあります。

構いすぎない

猫は構われたくて色々とアピールをしますが、構われすぎるのは好きではありません。

なでたり抱っこをしていても、その時間が長くなると嫌になってしまうのです。

そのようなときは、しっぽを強く振ったり耳を後ろに向けたりして、イライラをアピールしてきます。

そのサインを見逃さずに開放してあげたり、猫がイライラする前に構うのをやめたりできる人は、猫が「もっと構ってほしい」と思うようになり、猫と良い関係を築けるのです。

また、猫がリラックスしているときや食事中など構われたくないタイミングを分かっていて、猫と程よい距離感を保っていることもポイントです。

2.猫との遊び方が上手

おもちゃに前足を伸ばす猫

猫は上手に楽しく遊んでくれる人のことが好きです。

とはいえ、ただおもちゃを動かすだけでは猫は喜んでくれません。

猫じゃらしなどのおもちゃを小動物の動きを真似て動かして、猫の狩猟本能を満たしてあげることがポイントです。

また、猫の好きなおもちゃの種類や遊び方を知っているとより良い関係を築けます。

3.猫のなで方、抱っこの仕方が上手

人に抱っこされる猫

猫には触られてうれしい場所と、触られたくない場所があります。

頭、しっぽの付け根などはなでられてうれしい場所ですが、お腹やしっぽは触られたくないことが多いです。

また、正しい方法で安定した抱っこができると猫が安心できます。

まとめ

抱っこされる猫

猫との関係が良好な人は、猫が驚いたり怖がるような行動をせず、猫との程よい距離感を保っています。

また、遊び方やスキンシップでも猫が喜ぶ方法で接しています。

これらの特徴を取り入れて猫との関係をより良いものにしていきましょう。

スポンサーリンク