猫を飼う前と後で違う?猫との生活の『理想と現実』3つ

猫を飼う前と後で違う?猫との生活の『理想と現実』3つ

猫を飼う前は「猫とこんな生活をしたいな♪」というような理想があると思います。しかし、実際に猫との生活が始まると、その理想とは違うこともあります。猫との生活の理想と現実を3つご紹介します。

886view

1.猫はスキンシップが好き?

抱っこされる猫

理想

猫が膝の上に乗ってくれて猫をなでて過ごしたり、猫を抱っこしたり、猫とのふれあいが多い生活ができると思いますよね。

猫が飼い主さんの布団の中に入って一緒に寝てくれることにも憧れます。

現実

なでようとしたら逃げてしまう、抱っこしたら暴れるなど、猫はふれあいが好きではないことがあります。

なですぎたり、なで方が悪かったりすると怒りますし、気分が乗らないときは飼い主さんが近づいたことを察知して逃げてしまうこともあるのです。

そのため、爪切りやブラッシングに苦労することもあります。

2.猫はクール?

横を向く猫の顔

理想

猫はクールな性格で、ツンとしていて自立心が強く、飼い主さんとの距離感を保っているので、飼い主さんものんびり過ごすことができると思いきや…

現実

想像以上に甘えん坊で寂しがりやです。

飼い主さんが帰宅すると、走って出迎えてくれる猫もいれば、本当はうれしいのに拗ねた態度をとる猫もいます。

また、お腹がすいた、遊んでほしい、トイレをきれいにしてほしいという基本的なお世話を要求するだけではありません。

「トイレに入るから見ていてほしい」「ごはんを食べるから見ていてほしい」というお願いをする甘えん坊な猫もいるのです。

ツンとした態度のときも多いですが、色々な感情を飼い主さんに見せてくれます。

3.猫はおとなしい?

寝そべる猫

理想

猫は基本寝ている時間が多く、ドタバタせず物音を立てないで静かに行動します。

そのため、飼い主さんも静かに生活できると思うかもしれませんが…

現実

トイレの前後、夜中に激しく走り回ることがあります。

「トイレハイ」と呼ばれる、トイレの前後にハイテンションで走ったり爪とぎをしたりすることがあるのです。

また、飼い主さんが寝る頃や深夜に運動会のように走り回ることもあります。

他にも、カーテンをよじ登る、家具の上に飛び乗る、ソファーなどで爪とぎをするなどかなり活発です。

特に1、2歳ごろまでは遊び盛りで、飼い主さんがゆっくり眠れないこともありますが、飼い主さんとおもちゃでたくさん遊んでくれる時期でもあります。

まとめ

向かい合う人と猫

猫を飼う前は、猫とたくさんスキンシップをしつつも、猫が人と距離感を持って静かに暮らせるなど、色々な理想がありますよね。

しかし、実際に猫を飼うと、スキンシップはそれほど好きではないのにとっても甘えん坊だったり、ドタバタを走り回ることもあったりします。

もちろん各々の猫の性格の違いもあります。

理想と現実の違いやしつけなどで悩むこともありますが、猫の色々な面を発見しながら信頼関係を築いていきたいですよね。

スポンサーリンク