猫が『撫でて欲しい部位』ってある?知っておきたい3つのポイント

猫が『撫でて欲しい部位』ってある?知っておきたい3つのポイント

あなたは猫を撫でる時に、猫が「気持ち良さそうにしているかどうか」を意識したことがありますか?もちろん猫のほうにも「撫でて欲しい部位」はあるんです♪本記事では猫が撫でて欲しいと思っている場所についてご紹介したいと思います。

1839view

1.背中

後ろ姿

背中から腰にかけてのラインは猫にとって撫でられると気持ち良い場所のようです。

特にしっぽの付け根の辺りを飼い主さんにポンポンと叩いてもらうのが好きな猫もいます。

もちろん撫でてもらうだけでなくブラッシングをして貰うのも大好きな猫もいます。

長毛の猫は日々のブラッシングが欠かせないため、こういったケアを嫌がらずに受けてくれると助かりますよね。

まずは、愛猫が気持ち良いと感じる撫で方のコツをマスターしましょう!

そしてそこから日々のケアにもつなげていければ、愛猫と飼い主さん、お互いに最高だと思えるのではないでしょうか。

2.あご

あごを撫でられる猫

あごは、猫が自分で舐めてケアをすることが出来ない場所の一つですね。

そのため、同居猫がいる場合はお互いに舐めあったりもしている部分でもあります。

もちろん飼い主さんに撫でてもらうのも気持ちが良い場所ですので、嫌がらないようであれば積極的に撫でてあげたいところですね。

コツは、爪を立てずに指の先で掻くように撫でるのが良いそうです。

飼い主さんの爪が長いと愛猫の皮膚を傷つけてしまいかねませんので、飼い主さん自身の爪の長さにも普段から気を配るようにすると良いですね。

3.頭

撫でられて嬉しい猫

頭も、あごと同様に猫が自分では舐められない場所です。

特に耳の裏側部分、付け根辺りをコリコリと掻くようにしてあげると「気持ち良いにゃ~♡」とウットリした表情になる猫もいるほど♡

人間の場合なら、背中が痒いけどあと少しのところで届かない時に掻いてもらう…という感じなのでしょうか。

中には「掻いて~!」と自分からおねだりして来る猫もいるようです。

もちろん頭全体や顔周りも、猫にとっては撫でて欲しいと思っている場所。

保護したばかりで人間の手を怖がるという特別なケースでなければ、親睦を深めるためにも積極的に撫でてあげたい部分ですね。

まとめ

撫でられる猫

猫にとって、飼い主さんに撫でてもらうのはコミュニケーションの一つでもあります。

ですが、本当に気持ちが良いと感じていなければ「そこは撫でなくていいです!」とばかりに拒否することもあったりします。

せっかく撫でるのであれば「また撫でて欲しい!」と思って貰いたいものですよね。

そのためには、愛猫が「撫でて欲しいと思っている場所」をしっかりと把握しておくことも大切です。

愛猫の望むことをしてあげることで信頼や絆も生まれますし、飼い主さん自身もウットリした愛猫の表情に癒され、お互いにとってプラスになります。

まずはたくさん撫でてあげることで、愛猫との距離を縮めてみてはいかがでしょうか♡

スポンサーリンク