猫も『かまって欲しい』時ってあるの?5つの仕草・行動

猫も『かまって欲しい』時ってあるの?5つの仕草・行動

「飼い主さんにかまって欲しいにゃ♡」猫もそう思うときがあります。そして、ある仕草や行動でその気持ちを伝えてくるのです。どんなサインを出して教えてくれるのでしょうか?愛猫との幸せなコミュニケーションのためにも早速チェックしていきましょう。

2148view

1.イタズラをする

ちょいちょいする猫

飼い主さんにかまって欲しいとき、猫はイタズラをすることがあります。そうすれば注意を引けると知っているのです。正に知能犯。

飼い主さんが忙しいと、自分に関心をよせてくれないのがわかっているのでしょう。そのため、わざとイタズラをして困らせればこっちを向いてくれる!と思っているのです。

これに対抗するには、何をされてもひるまないこと。大きな音がしようがバリバリされようが、反応しなければ猫は「通用しない」と思いやらなくなるでしょう。あえて愛猫の作戦に乗り、コミュニケーションを取るのもアリですが。

2.スリスリしてくる

スリスリ

かまって欲しくなると、スリスリしてくる場合もあります。わかりやすい行動です。その愛らしい様子に、拒否できる飼い主さんは少ないのではないでしょうか?

思わず作業の手を止めて、ナデナデしてしまうでしょう。わかりやすく直接飼い主さんにスリスリする猫もいれば、なぜか近くの家具や壁にする猫もいます。後者の場合は少しわかりにくいですが、これもかまって欲しいサインです。

素直タイプとツンデレタイプで、行動が異なります。

3.邪魔する

邪魔猫

わかりやすい「かまってサイン」として、「邪魔をする」という行動があります。飼い主さんが見ているテレビやパソコンの前に出現し、自分の存在をアピールするのです。これをされたことのある方は多いでしょう。

飼い主さんの関心が自分以外に向いていると、猫は不安を覚えるそうです。そのため、わざと邪魔をしてかまってもらえれば、「関心をなくしたわけじゃないんだ」と安心するのだとか。まるで恋愛中の人のようです。

ですから猫に邪魔されたくなければ、邪魔をしてきたとたんにかまえばよいのです。目の前に割り込んできたらすかさず、撫でたり声をかけたりしてかまいましょう。そうすれば気が済んで、どいてくれるはずです。

4.後追いする

ストーニャー

飼い主さんの後を付いて回る、「後追い」をすることがあります。かまってもらえるまで行くところ行くとろこに付いて行き、圧を与えてくるのです。お風呂やトイレの中にまで付いてくる場合もあるよう。

そこまでするのですから、かまって欲しい度はMAXといえそうです。「ご飯が食べたい」「遊んで欲しい」など、強めの要求がある可能性もあります。愛猫がなぜかまって欲しいと思っているのか、理由を汲み取ってあげてください。

5.そばにいる

膝に乗る猫

かまって欲しいとき、けなげにずっと飼い主さんのそばにいる場合も。にゃ〜と鳴くわけでもなく、ちょいちょいしてくるでもなく、ただただ近くにいるのです。飼い主さんがかまってくれるのを期待して。

「無言の圧」と言えばそうなのかもしれませんが、あのまんまるな目で見つめられたら、降参してしまう飼い主さんが大半でしょう。じっと待つ愛猫のかわいい姿に勝てるものなど、ないのかもしれません。

まとめ

むぎくん

クールなイメージを持たれがちな猫ですが、実は甘えん坊も多いのです。そのため、かまって欲しいときはさまざまな方法を駆使し、アピールしてきます。そんなけなげな愛猫からのサイン、見逃さないようにしてあげてください。

スポンサーリンク