猫にとって『最高に幸せな環境』とは?5つのポイント

猫にとって『最高に幸せな環境』とは?5つのポイント

猫と暮らしていると「ここにいて幸せなのかな?」と聞きたくなることはありませんか?答えは愛猫のみぞ知るですが、最高に幸せだと思われる環境作りをするのは不可能ではありません。どのような環境が猫にとってよいのでしょうか?

3238view

1.ストレスが少ない

リラックス

猫はストレスに弱い生き物です。家の中でもたくさんの苦手なことにさらされる場合、気分よくすごせなくなってしまうでしょう。

たとえばしょっちゅう大きな音がしたり、頻繁に来客がきたり。猫によっては掃除がされていないトイレや他の猫がいることも、ストレスに感じるでしょう。

飼い主さんが「これくらいは大丈夫」と思う、ちょっとした事柄も受け付けられない場合があります。ストレスがすぐに体調不良となって現れる傾向がありますので、注意してあげてください。

膀胱炎や下痢などはその最たるもの。ノーストレスにするのは難しいですが、できる限り猫が苦手なものを避けてあげましょう。

2.隠れるスペースがある

隠れている猫

猫にとって隠れられるスペースは超重要です。それによってストレス度合いも変わってくることが分かっています。段ボールでもよいので、身の危険を感じたとき、さっと隠れられる場所を用意してあげてください。

クレートやキャリーケースを置いておくのもオススメです。動物病院に行くときだけそれらを出すと、警戒して逃げて捕まらなくなる場合があります。また災害時に身の危険を感じた猫が自ら入ってくれれば、そのまま一緒に逃げられるでしょう。

隠れ場所は猫にとって、安心できる場所。それがあるのとないのでは、幸せの度合いに大きな差が生まれます。

3.いつでも登れる高い場所がある

高いところにいる猫

隠れ場所と同様に、猫の精神衛生上大切なのが「高い場所」です。いざというときひょいっと飛び乗れば、危険を避けられます。安全を確保しつつ辺りの様子を探れますから、重宝するのです。

背の高い家具やキャットタワーなどで、猫が登れる場所を作ってあげてください。あるときは避難場所、あるときは休憩所と、シーンに応じて使い分けてくれるでしょう。

4.飼い主さんが遊んでくれる

遊び

多くの猫は遊びを好みます。狩りをしている感覚で、おもちゃを追いかけるのです。ストレス解消や運動不足解消に最適!

毎日飼い主さんが遊んでくれるなら、猫にとってこんなに嬉しいことはないでしょう。愛猫との絆も深まります。

ハイジャンプやすばやい動きなども見れ、その身体能力に驚かされる場合もあるでしょう。遊ばなければ猫のすばらしい能力が発揮される機会もありません。ぜひ眠っている愛猫のスゴ技を、披露してもらいましょう。

5.安全な環境

窓の外を見る猫

猫が最高に幸せに暮らしていくには、やはり「安全な環境」が必要です。たとえ室内飼いであっても、実は危険がいっぱい。外よりは安全ですが、お風呂や狭いスキマなどで危ない目に遭うことがあるのです。

猫が溺れがちなお湯を張ったお風呂場は、必ずドアを閉めておきましょう。洗濯物が入った洗濯機も危険です。猫が寝床として入り込み、そのまま飼い主さんが回してしまう可能性があります。

また好奇心旺盛な子猫が狭いスキマに入り、出て来れなくなるかもしれません。猫がいじりがちなサプリやボタン電池などの小物も誤飲の危険性が。数えればキリがないくらいです。

猫に危険がおよびそうな物や場所を極力なくすよう、心がけて行きましょう。

まとめ

ミクちゃん

猫が警戒したりストレスを感じたりしなくてよい環境は、最高の幸せをもたらしてくれるでしょう。そのためには飼い主さんの配慮が欠かせません。愛猫の幸せな暮らしのため、ひと肌もふた肌も脱いであげましょう!

スポンサーリンク