猫の行動でわかる!飼い主に『して欲しいこと』4つ

猫の行動でわかる!飼い主に『して欲しいこと』4つ

猫は飼い主さんに色々な「して欲しいこと」を伝えています。猫がどのような要求を、どのような行動で伝えているのかご紹介します。愛猫の行動が何をあらわしているのかを知る参考にしてみてください。

1505view

1.ごはんが欲しい

食器の前で舌を出す猫
  • 鳴く
  • スリスリする
  • 喉をゴロゴロと鳴らす
  • ごはんがしまってある場所にいる
  • ごはんを食べる場所で待つ

飼い主さんに向かって鳴いて知らせるときは、長く鳴く、高い声で鳴くなど、猫によって違ったり、そのときによって違ったり、バリエーションは色々あります。

また、飼い主さんにスリスリしたりゴロゴロ鳴いたりして甘えてアピールする猫もいます。

お世話をしてくれる飼い主さんに、母猫に甘えるように子猫気分でお腹が空いたと訴えているようです。

2.甘えさせて欲しい

人の足元に立つ猫
  • しっぽを立てて近づいてくる
  • 目を見て鳴く
  • スリスリする
  • 喉をゴロゴロと鳴らす
  • ふみふみする
  • 甘噛みをする

猫のしっぽには感情があらわれています。

しっぽをまっすぐ立てていたり、立てたしっぽを細かく震わせているのはうれしい気持ちや甘えたい気持ちのときです。

猫が飼い主さんに近づき、スリスリしたりゴロゴロ鳴いたり、他の要求でもする仕草で甘えたいと訴える場合もあります。

前足で飼い主さんの体やクッションなどを揉むように動かすのは、母猫を思い出して甘えたい気持ちのときの行動です。

また、「もっと甘えたい」「うれしい」という気持ちが高ぶってくると、飼い主さんを噛んでしまうことがあります。

弱い力で噛める猫もいますが、力加減ができずに強く噛んでしまう猫もいます。

怪我につながる恐れもあるので、甘噛みだとしても噛ませないようにする方が安心です。

3.遊んで欲しい

ペンを噛む子猫
  • お腹を見せる
  • 飼い主さんの邪魔をする
  • 立ち上がる
  • おもちゃを持ってくる

飼い主さんの前でゴロンと寝転がってお腹を見せるのは猫の「遊ぼう」のサインです。

お腹を見せることで警戒していないというアピールをして遊びに誘っているのです。

また、飼い主さんが新聞を読んだり仕事をしたりしていると、猫が自分に注目してもらおうと行動します。

邪魔をしたり、立ち上がったりして気を引いて遊ぼうとするのです。

他には、遊んでもらうためにおもちゃを運んだり、おもちゃのある場所へ飼い主さんを誘導しようとする猫もいます。

4.構わないで欲しい

耳を後ろに向ける猫
  • しっぽを叩きつけるように振る
  • 耳を後ろに向ける
  • お腹を見せる

猫が「撫でるのをやめてほしい」「ちょっかいを出してこないでほしい」など構われたくないアピールをするときもあります。

しっぽをブンブンと振ったり、耳を後ろに向けて「イカ耳」になったりしているのは我慢の限界がきているときの行動です。

それ以上構うと攻撃してくる可能性があります。

また、お腹を見せるのは遊んでほしいアピールですることもありますが、なでているときにお腹を見せるのは「もうやめて」の意味です。

構いすぎると噛まれたり後ろ足でキックされたりする恐れがあります。

まとめ

おすわりする白猫

猫が飼い主さんに何かをしてほしいときは様々な行動を使い分けて伝えています。

猫の行動が何を要求しているのか分かると、猫との信頼関係が深まりますよね。

愛猫がどのような行動で伝えているのか観察してみましょう。

スポンサーリンク