猫が飼い主に『後ろ姿』を見せるのはなぜ?5つの意味

猫が飼い主に『後ろ姿』を見せるのはなぜ?5つの意味

愛猫が飼い主さんに「後ろ姿」ばかりを見せていたら、「もしかして嫌われたのかな…」とちょっと不安になります。しかし、猫の感情表現は人と異なる場合があるので大丈夫です!この記事を読んで、不安を解消しましょう。

5605view

1.信頼している

後ろを向く猫

猫が後ろ姿を見せるのは、実は「信頼している」証です。

猫は警戒心が強い生き物なので、敵には無防備に背中を見せません。

猫は体が柔らかいので首を曲げて後ろを向くこともできますが、多少時間がかかります。その一瞬で命を危険に晒すこともあるので、敵に背を向けるのことはしないのです。

それをあえてやっているのですから、よほどの信頼を飼い主さんに寄せていると解釈できます。

「この人なら危険はないにゃん」と、ある意味軽く見られているのかもしれませんが、少なくとも「危ないから警戒しにゃきゃー!」とは思っていないはずです。

猫が背を向けているのは嫌われているからではなく、深い信頼を寄せられているということなので安心してください。

2.撫でて?

撫ででにゃ

体を撫でてほしいのかもしれません。筆者宅の猫はよく、お尻付近を近づけつつ見上げてきます。撫でないと撫でるまで、ず〜っと近くに張り付くのです。

撫でないと「ニャー」と一言発し、さも「なんで撫でないの?」とでも言いたげに訴えかけてきます。背中を撫でられたい猫もいますが、しっぽの付け根に触られるのを喜ぶ猫も多いです。軽く叩くようにしてみてもよいでしょう。

しっぽの付け根は多くの神経が通っているため、触れられると気持ちがよいそうです。猫は気分屋なので、撫でて欲しいと向こうから近寄ってきたときに構う方がよいでしょう。もしかしたら、次の瞬間には気分が変わっているかもしれません。

たくさん撫でることで、絆が深まります。

3.上位の存在に対する挨拶

こちらを見る猫

猫の世界では犬のように序列はありませんが、飼い主をボス的な存在と認識することがあるようです。猫が飼い主さんをボスだと位置付けている場合、「自分は下位です」と示すために後ろ姿を見せることがあります。

猫の挨拶はお尻の匂いを嗅ぐことで成立し、どちらが嗅ぐかで優劣が決まります。上位の猫が下位の猫のお尻を嗅げばそこで挨拶は終了です。

飼い主さんに後ろ姿を見せてお尻を向けてくるポーズは、飼い主さんを上位だと認めているという意味もあります。

4.飼い主さんを守っている

ニャルソック

大好きな飼い主さんを守るため、飼い主さんに後ろ姿を見せて見張っている可能性があります。自由気ままな印象の猫。そんな忠誠心があるの?と疑問に思いますが、実はあり得ないことではありません。

身を挺して人を守ろうとする猫は、世界中でたびたび目撃されています。愛猫が、飼い主さんに敵が近づかないように見張っていたとしても、不思議ではないのです。もしかしたら自分の子供のように感じているのかもしれません。

親猫であれば子を守るのは当然です。一見母性がなさそうなオス猫であっても、何の血縁もない子猫を守ることがあります。意外と猫は、博愛主義なのかもしれません。

5.攻撃はしません!の意思表示

毛づくろい中

後ろ姿を見せていると、猫お得意の俊敏な攻撃はできません。つまりは「攻撃の意思がない」ということなのです。猫は自分の身を守るために無用な喧嘩を避ける習性があります。

下手に相手を挑発すると戦いになり、命に危険が及ぶ可能性があるので、あえて後ろ姿を見せて「攻撃はしません!」と伝えているのです。

まとめ

トラくん、カゲくん、姫くん

猫の後ろ姿には、意外にもさまざまな意味がありました。何気なく行っていそうで、実は生存するための深い理由があるようです。

愛猫の後ろ姿フェチの飼い主さんも多いでしょう。さまざまな理由を抱えた猫の後ろ姿を、これからもたくさん愛てあげてください♡

スポンサーリンク