猫と遊ぶ時間が無い…『ひとり遊び』に最適なおもちゃ3選

猫と遊ぶ時間が無い…『ひとり遊び』に最適なおもちゃ3選

猫が「遊んで」アピールをする時に限って忙しい…ということって現実にありますよね。そんな時にはおもちゃを使ってひとり遊びをして貰いましょう。本記事では猫に「ひとり遊び」をして欲しい時に最適なおもちゃをご紹介したいと思います。

1761view

1.転がして遊べるおもちゃ

ボールと子猫

猫は動くものを追いかける習性がありますよね。

そのためボールやネズミのおもちゃなどの転がるものを投げてあげると喜んで追いかけてくれることも!

もちろん時折飼い主さんに「投げて!」と持って来ることもあるかも知れませんが、時間がない時でもボールなどを投げてあげるくらいは出来ることもあるでしょう。

ボールを夢中で追いかけて「ひとりサッカー」をしている愛猫の姿を見ていると「将来はプロ選手になれるのでは!?」と思いたくなってしまうような神プレイを見られることもあるかもしれませんよ♡

2.けりぐるみ

けりぐるみで遊ぶ猫

けりぐるみを抱きしめて噛んだりケリケリしたりするのが好きな猫もいます。

こういったおもちゃにはマタタビが入っているものも多いですが、猫にとってはストレス解消にもなるようです。

とはいえ、幼猫や子猫にマタタビを与えることは健康を害する恐れもあります。

そのため、ぬいぐるみなどで代用しても良いですし、マタタビの入っていないけりぐるみも売られていますので、愛猫が小さいうちはそういったものを選ぶと良いでしょう。

あまりにケリケリすることが好きすぎて、けりぐるみやぬいぐるみではなく、飼い主さんの座布団やクッションでケリケリを始める猫もいます。

ひとり遊びをしてくれるのはありがたいですが、お気に入りのクッションなどを破られてしまわないことを祈るばかりですね。

3.電動のおもちゃ

おもちゃと子猫

自分でおもちゃを追いかけたりするのが苦手な猫であれば、電動でじゃらしてくれるおもちゃを用意しても良いでしょう。

我が家の猫たちも、子猫のうちはお留守番の時にこういったおもちゃを動かしてあげておくと、飼い主の帰宅まで飽きることなく遊んでいてくれて助かった経験があります。

猫の性格によっては、子猫のうちしか遊んでくれないという場合もあるかもしれません。

いずれにせよ楽しく遊んでくれるのであれば、「ひとり遊び」をしてもらうにはとても良いおもちゃなのではないかと思います。

まとめ

猫とおもちゃ

猫が遊びたそうにしているのは分かっていても、どうしても忙しかったりして遊んであげられない時ってありますよね。

そんな時に猫がひとり遊びをしてくれたら飼い主さんも助かるでしょう。

もちろん愛猫の性格に合わせたおもちゃを準備してあげる必要はありますが、気に入って自分で遊んでくれるようになれば飼い主さんにとっても強い味方になります。

ただし飽きっぽい猫もいますので、最初は夢中になって遊んでいたのに暫くしたら「あれ?」と思うことも出て来る可能性があります。

その場合はおもちゃを数種類準備しておくとローテーションで遊んでもらえるので、日頃から愛猫の好みをリサーチしておくと良いですね。

スポンサーリンク