猫にコーヒーは超危険!絶対与えちゃダメな『飲み物』5つ

猫にコーヒーは超危険!絶対与えちゃダメな『飲み物』5つ

飼い主さんが飲んでいる飲み物に興味を持って匂いを嗅ぐ猫は多いでしょう。場合によっては口に入れてしまうことがあります。猫にとって安全な飲み物ならよいのですが、そうとは限らない場合も。猫に絶対与えてはいけない飲み物をチェックしていきましょう。

1692view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1.カフェイン入り飲料

コーヒー

カフェイン入り飲料といえば、コーヒーや紅茶、緑茶、ウーロン茶などが思い浮かびます。それらは猫が口にすると悪影響を与えるため、絶対に飲ませてはいけません。

飼い主さんが飲んでいると興味を持ってしまうかも。可能性は低いですが、飲まないように注意してあげてください。

もしカフェイン入りの飲料を猫が飲むと、どうなってしまうのでしょうか?中毒を引き起こし、嘔吐やけいれんなどが起きる場合があります。カフェインが神経や心臓に負担をかけるため、大量に摂取すると命に関わることも。

カフェインは飲料だけでなく、お菓子にも含まれています。コーヒーなどと一緒に食べる機会が多いと思いますので、誤って猫が口にしないよう気をつけましょう。かわいくおねだりされても、決して与えてはいけません!

2.アルコール

アルコール

アルコールも猫が飲んではいけない飲み物です。酔っ払った様子が面白くてふざけて与えてしまう人がいるようですが、絶対にしてはいけない行為だと覚えておいてください。

人間は時間が経てば肝臓がアルコールを分解し、酔いがさめていきます。しかし、猫の体はそれができないので、アルコールを口にするとずっと酔っ払った状態が続いてしまうのです。

それだけでも可哀想だと思いませんか?アルコールが分解されないということは、無害化されないまま体内をずっと巡るため、中毒になるのは言うまでもありません。

呼吸に影響が出て、ひどい場合には心肺停止になってしまうこともあります。つまり、猫にアルコールを飲ませると死に至るリスクが高いのです。

飼い主さんが与えるのはもちろん、愛猫が誤って飲んでしまわないよう管理は厳重に行いましょう。

3.味付きスープ

スープ

愛猫に手作りご飯を与えたいと思うのは間違っていません。栄養バランスには細心の注意が必要で、飼い主さんが作ったご飯で体調がよくなるケースもあります。

しかし、気をつけたいのが、人と同じ味付けをした料理を与えることです。猫には味が濃すぎる場合がほとんどなので、たとえチキンだけを煮込んだスープでも、塩やコショウなどで味付けしたら与えてはいけません。

愛猫の体に負担をかけてしまいます。与えるのであれば味付け前のスープにしましょう。

4.玉ねぎ入りスープ

野菜スープ

野菜をたっぷり入れて煮込んだスープ。いかにも栄養が豊富に含まれていそうです。そして実際そうなのですが、玉ねぎが入っている場合は絶対猫には与えないようにしてください。

「有機チオ硫酸化合物」という成分が中毒を引き起こしてしまうのです。血液中の赤血球が破壊され、貧血や血色素尿などが見られ、嘔吐や下痢などの症状が起きる場合もあります。

辛い思いをするのは大切な愛猫ですので、絶対飲ませないようにしましょう

5ホットチョコレート

ホットチョコレート

チョコレートを猫に食べさせてはいけないと知っている飼い主さんは多いでしょう。テオブロミンやカフェインが中毒症状を起こすからです。ゆえにチョコレートを使った飲み物であるホットチョコレートも飲ませてはいけません。

飼い主さんがおいしそうに飲んでいると「自分も欲しい!ちょうだい!」などと訴えかけてくるかもしれません。しかし、そのかわいらしさに負けて与えてしまうと嘔吐や下痢、不整脈やけいれんなどが起きる可能性があります。

最悪の場合は死に至るケースもあるため、気をつけてあげてください。

まとめ

水を飲む猫

世の中飲み物の種類はたくさんありますが、猫に与えてよいものはかなり限られています。基本的には水を与えてください。味付けなしのチキンスープなども大丈夫です。

それ以外の飲み物を与える場合は必ず与える前に確認をして、安全なものだけを与えるようにしましょう。

スポンサーリンク