猫の『平熱』は何度?緊急時の正しい熱の測り方と体温から見極める受診の目安

猫の『平熱』は何度?緊急時の正しい熱の測り方と体温から見極める受診の目安

愛猫の体に触れたら、熱い!もしくは冷たい!こんな事態が起きたら、慌ててしまうでしょう。緊急時に猫の熱を測るにはどうしたらよいのでしょう?また体温から見る受診の目安についても、お伝えしていきます。

573view

SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

猫の平熱

猫の熱

猫の平熱は38度〜39度です。人よりも少し高いため、愛猫に触れると温かく感じる場合が多いでしょう。冬にはちょうどよい湯たんぽ代わりになってくれます。

猫の平熱が人よりも高いことを知らないと、なんでもないのに「熱がある!」と思って大騒ぎしてしまうかもしれません。触れたときに少し温かいくらいが普通なのだと覚えておきましょう。

体温の測り方

猫のお尻

愛猫の平熱を知っておくと、異常がある場合にわかりやすいです。測るにはペット用の体温計を使うのがベスト。お尻に入れるタイプと耳で計測するタイプがあります。

前者はしっかりと愛猫の体を保定する必要があるため、計測は2人で行いましょう。嫌がる場合は無理に行う必要はありません。その点、耳で計測するタイプの体温計は手軽に測れます。

愛猫への負担が少なく、飼い主さんが使いやすい方を選びましょう。

もし緊急に体温を測りたいけれどペット用の体温計がない!という場合は最悪人用のでもOKです。しかし、水銀を使ったタイプは壊れると危険なため、使用しないでください。

ペット用体温計は猫が動いても大丈夫なように先端が柔らかく曲がるよう設計されています。人用は固いため、あくまでも緊急時のみに使うようにしましょう。先端にラップを巻くようにすると、比較的衛生的です。

1人が愛猫を抑え、もう1人が体温計を肛門から2〜3cm差し込んでください。入りにくい場合はベビーオイルやワセリンなどを塗り、滑りをよくします。

ものすごく愛猫が嫌がる場合はムリに測ると猫も飼い主さんも危険なため、動物病院にお願いしましょう。

体温が低い

寒そうな子猫

体温が普段よりも低い場合は、猫さんの体調をしっかり観察しいつもと違う様子があるようなら動物病院を受診しましょう。特に子猫の場合は命の危険がありますので、早急な対処が必要です。

またずっと寒いところにいた場合も、体温が低くなることがあります。いずれにせよ猫さんの体調も併せて違和感がある場合は、すぐ動物病院を受診してください。

体温が高い

風邪をひいた猫

体温がいつもより1度以上高い、もしくは39.5度以上ある場合は注意してください。発熱しています。熱中症になると40度を越すことも。

原因は猫かぜや炎症、ガンや熱中症などです。愛猫が辛い思いをしている可能性があるので、早めに受診して適切な治療を受けさせてあげましょう。

他にも症状があるかどうか

具合の悪そうな猫

熱が低い、もしくは高い場合は、それだけでなく他にも症状がある場合が多いです。食欲不振や元気消失、嘔吐や下痢などもあるかもしれません。それらの症状も合わせて獣医師へ伝え、診断の助けにしてもらいましょう。

まとめ

体温計

愛猫に普段からよく触れていると、いざというとき体温の変化に気づきやすいでしょう。もちろん、体温計を使って正確に測っておくことも大切です。愛猫の体温を把握し、体調不良の早期発見につなげましょう!

スポンサーリンク