全猫の愛を独り占め♡『猫たらし』な人の特徴3つ

全猫の愛を独り占め♡『猫たらし』な人の特徴3つ

歩いているだけなのに猫がついて来る人って、稀にいるようですね。来客が苦手なはずなのに、特定の人だけはご機嫌で迎える猫もいます。これってどうしてなんでしょうか。本記事では、猫に好かれる「猫たらし」な人の特徴についてご紹介したいと思います。

1210view

1.撫でるのが上手い

撫でられる猫

人馴れしていない場合や初対面でよほど警戒されている場合を除いて、基本的に猫は人に撫でてもらうことが好きなようです。

そのため、撫で方が上手い人は、猫にとっても好感が持てるようです。

また猫が自分から「撫でて!」と寄って行く人は大抵、猫がどこを撫でて貰うのが好きなのかを知っていることが多いでしょう。

もちろんあまり猫と触れ合ったことがないのに好かれている場合も、無意識に猫の嫌がる撫で方をしていないといった可能性もあります。

猫は「嫌なことをする人」を警戒しますので、自ら撫でて貰いに行くのであれば「好きな撫で方をしてくれる人」だと認識していることにもなりそうですね。

2.猫が喜ぶ遊び方をする

一緒に遊ぶ

もちろん撫で方が上手いだけでなく、猫と遊ぶのが上手い人も猫からは好かれます。

猫によって好みの遊び方は違いますが、猫じゃらしを「獲物がそこにいるように振る」ことが出来る人とは楽しく遊ぶようです。

猫を長く飼っていても飼い主さんが疲れている時に「遊んで!」と言われると、つい猫じゃらしを適当に振るだけになってしまうこともありますよね。

疲れのせいで適当になってしまうことは仕方のないことですが、猫にとっては(それでは面白くない)と感じるようです。

やはり猫と遊ぶ時に大切なのは「猫と一緒に遊びを本気で楽しむ」ことが出来るかどうか、が重要になるのでしょう。

もちろんこれは猫視点で…という話ですが、飼い主さんが楽しそうでないと、猫もイマイチ乗れないこともあるのではないでしょうか。

3.どの猫にも平等に接する

大切な存在

猫によっては、飼い主さんが他の猫を可愛がっていると嫉妬してしまう性格の猫も存在します。

多頭飼いの方の中には「猫Aと遊んでいたら猫Bが邪魔して来た」という経験をされた方も多いのではないでしょうか。

嫉妬しやすい猫が他の猫に八つ当たりで攻撃をしてしまうこともありますので、どの猫も平等に愛せる人は猫にとって重要です。

もちろん飼い主さんを独占したい性格の場合は他の猫の見ていないところで…などの配慮も必要になるかもしれません。

猫が何匹いても「全員で100%」の愛情ではなく、「1匹ずつに100%」の愛情を注ぐことが大切です。

そういった愛情表現が出来れば猫もそれなりに納得してくれる…かどうかは、やはり猫に聞いてみないと分かりませんけどね。

まとめ

スリスリする猫

こちらがそのつもりでなくてもやたらと猫に好かれたり、気が付けば猫がついて来る…という人を見かけることがあります。

これは猫好きからしたらとても羨ましい話ではありますが、やはり猫から好かれる人には好かれるだけの理由があるようですね。

遊んだり撫でたりのスキルも必要ではありますが、やはり第一印象が大切なのは人も猫も同じです。

猫と仲良くなりたいと思うのならば、猫の嫌がることだけはしないように、事前に猫の好みなどを調べたりしておくことも重要なのかもしれません。

スポンサーリンク