愛猫はぐっすり眠れている?『良質な睡眠』に必要な条件5つ

愛猫はぐっすり眠れている?『良質な睡眠』に必要な条件5つ

長時間寝そべってはいるけれど近づくとすぐに起きるし、本当にぐっすり眠れているの?愛猫を見てそんな心配を抱いたことはありませんか?猫が良質な睡眠をとる上で必要な条件には何があるでしょうか?

657view

1.警戒しすぎなくてよい環境を整える

無防備な子猫

猫は警戒心が強い生き物です。睡眠時には無防備になるため、警戒を怠りません。もし周りの環境に安心できなければぐっすりとは眠れず、良質な睡眠からはほど遠くなってしまいます。

猫が安心して眠れるよう、環境を整えてあげてください。猫が自分をおびやかすような敵がいないと理解することが大切です。

もし猫が安心できないようなら、寝るときだけケージに入れてみるのも対処方法のひとつ。猫は狭い場所で落ち着く傾向があるので、誰も入ってこない自分だけの空間があればぐっすりと眠れ、良質な睡眠がとれるでしょう。

2.安心材料がある

ぐっすり

猫にとっての安心材料があると、良質な睡眠につながりやすいです。猫は自分の匂いや飼い主さんの匂いがするだけで安心できます。

飼い主さんや自分の匂いがついた毛布やタオルなどを寝る場所に置くと、ほっとしてぐっすり眠れるでしょう。

飼い主さんと一緒に寝る猫も多いですが、潰してしまったり病気が移ったりしないように気をつけてください。また、ノミやダニ、その他の寄生虫が移る場合もあるのでご注意を。

3.適切な気温

窓際の猫

良質な睡眠をとるにあたっては、適切な気温も大切です。寒すぎたり暑すぎたりすることのないよう、室温調節を行ってあげてください。

エアコンをつけていると、ドアを締め切りにすることがあるかもしれません。しかし、猫は自分で快適にすごせる場所へ移動するので自由に行き来できるよう部屋のドアを開け、可能であればキャットドアを設置してあげましょう。

4.寝心地のよいベッド

くつろぐ猫たち

寝心地のよいベッドは、良質な睡眠をとる上で必須アイテムといえるでしょう。猫が心地よければなんでもOKです!たとえそれが段ボールであっても大丈夫。

要は愛猫が気に入ればよいのです。普段からよく使っている寝場所があれば、それを変えないようにしてあげてください。

愛猫用にわざわざ高価なベッドを買ったとしても、使ってくれないことがあります。何を気に入るかは置いてみないとわからないところが、ドキドキですね!

5.適度な運動

安眠

猫に限らず飼い主さんも、運動をした日と全くしていない日だと睡眠の質が違うのではないでしょうか?やはり適度に体を動かすことは必要です。あまり遊びたがらない猫に無理強いするのはよくありませんが、なるべく興味を持てるようにしてあげてください。

おもちゃを変えてみたり動かし方を工夫してみたりすると、遊び出すかもしれません。退屈も紛れ、健康にもよいです。ぜひ愛猫を誘って、適度に運動させてあげましょう。

まとめ

Ottoくん

猫は1日のほとんどを寝てすごしますが、熟睡しているのはその中のほんの数時間なのだそう。その睡眠が良質でないと寝不足になってしまうため、愛猫がぐっすりと眠れるようにしてあげましょう!

スポンサーリンク