猫が一緒にいて『安心できる人』とは?4つの特徴

猫が一緒にいて『安心できる人』とは?4つの特徴

愛猫の周辺を取り巻く環境の中にはもちろん、飼い主さんも入っています。それがどういう人かで猫の生活の質は大きく変わるでしょう。やはり「落ち着かない人」よりも「安心できる人」の方がよいと思うはず。それはどのような特徴を持つ人なのでしょうか。

1959view

1.静かな人

トロける猫

猫は急な動きや大きな音が苦手なので、静かな人と一緒にいると安心できます。

なぜなら急にバッと動いたり、大きな音を立てたりしないため近くにいても落ち着いて過ごせるからです。

猫にいつもそばにいてほしいと思ったら、とにかく静かにすることをオススメします。

2.嫌なことをしない

リラックス中の子猫

猫にとって嫌なことをしないというのも重要です。とはいえ、必要なお手入れや治療などは行わなければいけません。それ以外で嫌がらせなければよいのです。

「ムリやりの抱っこやしつこく触る」「追いかける」など、猫が嫌がることを繰り返していると「安心できにゃい!」と警戒されて近よってくれなくなる原因になります。

愛猫と良好な関係を築きたいのであれば、飼い主さんの欲望全開な行動は避けた方がよいでしょう。

3.気心が知れている

通じ合う2人

猫と気心が知れているということはすなわち、信頼関係が築けているということ。お互いの心が繋がっていれば、言葉などはいらにゃいのです。

一緒に過ごす時間が長ければ長いほど、気心が知れてくるでしょう。愛猫が「何を求めているのか」「今どんな気持ちなのか」がわかってくるため、猫の方も理解してくれます。そこに心地のよい空気が流れるわけです。

こんな人を猫が「安心できにゃい!」と思うはずがありません。愛猫にとって大切で貴重な存在になれるはずです。

4.優しい

ナデナデ

猫だけに当てはまる話ではありませんが、優しく接してくれる人と一緒にいると安心します。柔らかい声やソフトな触れ方、態度などを見せるとホッとして心を許してくれるはず。

特に家に迎えてすぐの頃は猫が緊張しているため、飼い主さんが柔らかい物腰だと安心します。なるべく優しく接するように心がけましょう。

まとめ

マロンくん

猫はストレスに弱い生き物。いつも一緒にいる人が「安心できる人」というのは重要なポイントです。毎日、ストレスフルな飼い主さんのそばではキツイものがあります。

飼い主さんは繊細な猫が安心して暮らせるように、心がけてあげてください。そうすればお互いに穏やかで幸せな生活が送れ、猫の健康維持にもつながるでしょう。

スポンサーリンク