猫のオス・メス別『満足してもらえるお世話』の方法5つ

猫のオス・メス別『満足してもらえるお世話』の方法5つ

好みの遊び方やスキンシップの頻度は、オス猫とメス猫で少し差があります。今回はそれぞれの特徴をもとに、満足してもらえるお世話のポイントを紹介いたします。

2281view

求めているお世話はオス・メスで違う!!

オス猫・メス猫

猫の行動は皆同じようなものだと思っていませんか?

実は、オス猫とメス猫で違いがあるのです!もちろん個体差はありますが、それぞれ平均的な特徴があります。

ということは、心から求めているお世話の内容にも違いがありそうですね。

今回は、オス猫・メス猫別に満足してもらえるお世話のポイントを5つ紹介いたします。

1.オス猫はアピールに応えてあげて

オス猫は基本、甘えっ子です。

ニャーニャー鳴いて甘えたり、膝や背中に飛び乗ってアピールしてくる猫もいるでしょう。

時間があるときはできるだけ気持ちに応えてあげてください。忙しいときは声をかけてあげると喜びます。

2.メス猫は優しく撫でて♡ブラッシングも◎

メス猫は子育てをしなければならない関係で、たくましい性格に育つ場合が多いようです。だから甘え方も控えめです。

それでも甘えたい時はあります。

猫のほうから接近してきたら、優しく撫でてあげましょう。

メスは健康管理にも気を配る猫が多いので、撫でながら毛並みを整えてあげると喜びます。

ブラッシングが好きな猫であれば、スキンシップの一環としてグルーミングのお手伝いをしてあげましょう。

途中で耳を後ろに倒したり、黒目が大きくなったら「もういいよ」のサインです。すぐに解放してあげてください。

3.オス猫は爪とぎが好き

爪とぎ

身なりを綺麗にするのが好きなメス猫に対して、オス猫はバリバリと豪快に爪をとぐことを好みます。これは縄張りの主張です。

オス猫は縄張り意識が強く、メス猫よりも広い範囲の縄張りを持ちたがります。

よって、室内でもあちこちで爪をとぎだすでしょう。

思う存分自己アピールができるように、数箇所に分けて爪とぎを置いてあげてください。

4.メス猫にはゆっくり休める場所を

メス猫は、おとなになると落ち着いた行動を取るようになります。

思いっきり遊べる環境よりも、リラックスできる環境を求めています。

キャットタワーを置いたり、安全に入れる狭い場所を作ってあげてください。

5.オス猫はダイナミックに遊ぼう

オス猫は筋肉量が多いので、体を動かすことを求めています。

例えば釣竿型のおもちゃで気を引いて、パワフルに動けるような遊びをしてあげましょう。

上下運動や縄張りの一部としても役立つため、オス猫のみの生活でもキャットタワーが役立ちます。

愛猫の個性を大切に

3匹の子猫

ここで紹介したポイントは、あくまでも平均的なお話です。冒頭でもお伝えしたように、個体差があります。

メス猫だから、オス猫だからということにとらわれず、愛猫が求めることをしてあげてください。

また、去勢・避妊手術をきっかけに変化があるかもしれません。

その時々の愛猫の気持ちを大切にしましょう。

まとめ

ブラッシングされる猫

今回はオス猫・メス猫別に好まれやすいお世話のポイントを紹介いたしました。

いかがでしたか?「確かにうちの子もそうね!」と共感できるものはあったでしょうか。

初めて猫を迎える方もぜひ参考にしてみてください。

ただし、必ずしも愛猫にマッチするとは限りません。メス猫でも豪快に遊びたいタイプの場合は、思う存分はしゃげるように手伝ってあげてください。

この記事が、個性豊かな猫達と飼い主さんの幸せのために、少しでもお役に立てたら嬉しいです。

スポンサーリンク