猫が突然『ゴロゴロ』言わなくなる4つのワケ

猫が突然『ゴロゴロ』言わなくなる4つのワケ

愛猫が喉を「ゴロゴロ」と鳴らすのを聞くと、飼い主さんも嬉しい気持ちになりますよね。しかし、突然ゴロゴロ言わなくなることがあります。今回はその理由を解説します。

1521view

1.大人になったから

ネズミを狙う猫

子猫は母猫のお乳を飲みながら、ゴロゴロと喉を鳴らし、「ちゃんと飲んでいるよ。大丈夫だよ」と伝えています。

その名残から飼い主さんに対しても、ゴロゴロと喉を鳴らし、甘えているのです。

飼い主さんを母猫のように思い、子猫の気分になっているのでしょうね。

そのため、成長し自立した猫は、ゴロゴロ言わなくなることがあります。大人になった証と言えるかもしれませんね。

2.ストレスを感じている

不機嫌な猫

猫がゴロゴロ言うのは、飼い主さんに撫でられたときなど、心身共にリラックスしているときです。

ゴロゴロと言って気持ち良さそうにしていたのに、突然しなくなったときは、何らかのストレスを抱えている可能性があります。

過剰な毛繕い、食欲不振、トイレの粗相などが同時に見られたら、ストレスで精神的に不安定になっているのかもしれません。

猫は、騒音や環境の変化、家族構成の変化などにストレスを感じます。

猫が安心して過ごせる環境を整えてあげましょう。

3.撫で方が気に入らない

撫でられる猫

猫は撫でられて気持ちが良いと、ゴロゴロと喉を鳴らします。

しかし何と言っても猫は気まぐれ。撫で方が気に入らないと、ゴロゴロ言わなくなることがあります。

長時間撫で続けたり、猫が嫌がる部位を触っていませんか?

猫にとって大切な臓器が詰まったお腹は、触られたくない部位です。

顔や首周りは猫が喜ぶ部位です。力を入れず、優しく撫でてあげましょうね。

4.去勢・避妊手術をした

診察される猫

はっきりとした理由はわかっていませんが、去勢、避妊手術をすると、突然ゴロゴロ言わなくなることがあるようです。

手術をしたからと言って、性格が大きく変わる訳ではありません。

しかし、手術のタイミングで「ゴロゴロ言わなくなった」と感じている飼い主さんが多いのも事実です。

まとめ

猫の頬を撫でる手

いかがでしたか?

愛猫が突然ゴロゴロ言わなくなると、飼い主さんは心配になりますよね。しかし、何らかの理由があるようです。

飼い主さんは、日頃から愛猫をよく観察し、些細な変化にも気づいてあげましょうね。

スポンサーリンク