猫飼いさんの『お財布事情』とは?1ヶ月に必要なものや節約アイデア5つ

猫飼いさんの『お財布事情』とは?1ヶ月に必要なものや節約アイデア5つ

猫を飼う上で必ず用意しなければいけないアイテムもいくつかあるので、毎月ある程度の費用がかかります。それはどのようなものでしょうか?節約アイデアも合わせてご紹介します!

741view

1.絶対に毎月必要なフード代

ペロッ

猫を飼う上で絶対に必要となるのが「フード代」。どのご家庭でも毎月必ず出ていく費用です。

フードの種類にもよりますが、生涯費用にすると結構な金額になります。節約したい!と思う飼い主さんは少なくないのでは?

かといってただ安いだけのフードでは、愛猫の健康が心配です。お財布と折り合いをつけつつも、なるべく健康によい商品を選んであげてください。

節約するポイントは、質を落とすのではなくまとめ買いや定期購入の利用です。セールを見逃さないのも大切!またクレジットカードなどで購入し、ポイントを貯めてそれを使うのもよいでしょう。

2.爪とぎ、作っちゃう!?

爪とぎの上で休む猫

猫にとって不可欠な「爪とぎ」。購入するとそこそこ費用がかかります。そこで手間はかかりますが、いらない段ボールを使って手作りしてみてはいかがでしょうか?

同じ大きさにカットし、適度な大きさの箱などに波々が見えるように入れれば、立派な爪とぎの完成です!もしくはガムテープなどで止めてもよいでしょう。これなら多少の手間と時間はかかりますが、費用0円で作成可能です!

時間があるときにでも、試してみてください。

3.キャットタワーも手作りできる!

タワー作って!

購入すると結構な金額のかかるキャットタワーも、実は手作りしようと思えばできてしまいます。用意するものはおなじみ「段ボール」。これは加工しやすいですし猫も大好きなアイテムですからベストマッチです。

適度に穴を開けたり積み重ねたりして、キャットタワーにしてあげてください。もしボロボロになってしまったら、新しい段ボールで作り直せばよいのです。

費用がほぼかかっていないため、破棄にも心が痛みません。しかも汚れていなければ資源ゴミとして出せます。

見た目は市販のキャットタワーより劣るかもしれませんが、飼い主さんの愛が詰まった逸品です。おそらく、これを喜ばない猫はいないでしょう。

4.小物はプチプラで

100円

意外とお財布を圧迫してくるのが「おもちゃ」や「食器」です。猫用に作られていると猫が使いやすいように工夫されているという利点はありますが、結構なお値段が張る場合もあります。

そこで100均などで揃えてみることをおすすめします。意外とペット用品も充実しているので、ぜひチェックしてみてください。

筆者宅の猫も先日、100均で購入したおもちゃにとてもよく食いついて遊んでいます。猫にとって値段は関係ないと思った瞬間でした。

食器も、猫用に作られているとお値段が張りますが、100均ならほぼ100円です。キズがつきにくく衛生的な陶器製がよいでしょう。

筆者は先日、猫柄の手頃なサイズの陶器皿も購入しました!何の問題もなく使ってくれています。

5.トイレに一工夫

トイレに入り込む猫

常に衛生的にしておかなければいけないトイレは、意外にも猫砂を消耗します。定期的に全部変える必要があるからです。多頭飼いの場合は特に、消耗が激しいでしょう。

そこでトイレにも一工夫のアイデアをご提案します。まず安価で使えるのが、木くずを固めてあり、尿がかかると砂状になる「ペレット」タイプの猫砂です。

システムトイレに使えばお手入れも簡単。下のトレーにペットシーツを設置し、猫が用を足したら変えればOKです。

便の場合はスコップですくえば完了するので、他の猫砂とも変わらないでしょう。

また、猫砂の消費を抑える形状のトイレもあります。愛猫にかかる費用を節約したいと考えている飼い主さんはぜひ、調べてみてください。

まとめ

ミケちゃん

猫が大病をしない限りはそこまで大きな費用がかかるわけではありませんが、それでもじわじわと家計を圧迫する場合があるでしょう。なるべく月ごとにかかるお金を節約できれば、その分少し高級なおやつを食べさせてあげられるかもしれません。

ぜひ紹介した方法で「これだ!」と思うアイデアがあれば、ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク