室内飼いの猫が注意すべき『現代病』5つ

室内飼いの猫が注意すべき『現代病』5つ

愛猫を家から出さず室内飼いにしている飼い主さんが多いです。しかし、そのため「現代病」とも呼べる猫の病気にかかりやすくなっています。注意すべき病について詳しく紹介します。

1307view

SupervisorImage

記事の監修

日本では獣医師。世界では旅人。”旅する獣医師”として世界各国を巡り、海外で見てきた”動物と人との共生の様子”を、執筆や写真展を通して皆さんと共有する活動をしています。

1.慢性腎臓病

診察を受ける猫

猫は慢性腎臓病にかかりやすい動物です。年齢を重ねるごとに徐々に機能が低下していきます。現代の猫は平均寿命が長くなっているため、その傾向も強いと考えられるのです。

初期症状として「多飲多尿」が見られます。頻繁に水を飲み何回もトイレに行く、尿の色が薄くなったり量が多くなったりするようであれば、動物病院を受診した方がよいでしょう。残念ながら慢性腎臓病は完治できませんが、病気の進行を遅らせることはできます。

予防策としては水分の摂取がカギです。猫は元々あまり水を飲まないため、なるべく食事でとらせるなど工夫してみましょう。ウェットフードを取り入れたり、ドライフードを白湯などでふやかしたりしてみてください。

2.認知症

聴診器を当てられる猫

高齢猫がかかりやすい認知症。刺激がなく極度のストレスがたまると発症の確率が上がるといわれています。完全室内飼いの多い現代では、気をつけなければいけません。

室内は外に比べて安全な分、刺激に乏しい傾向があります。飼い主さんが積極的に働きかけて体を動かすようにしたり、上下運動や窓の外を好きなときに眺められるようにしたりするとよいでしょう。

また猫の寿命が伸びたことも、認知症が増えた原因の一つです。もし愛猫の行動に変化が見られたら、疑ってみください。

例えば粗相が多くなる、夜鳴きが増える、家の中で迷子になる、さまざまなものに興味がなくなるなどが挙げられます。心配な場合は早めに動物病院を受診しましょう。人ほど認知症の薬があるわけではありませんが、夜鳴きなどの問題となる行動を落ち着けることはできるかもしれません。

3.特発性膀胱炎

トイレットペーパーと横たわる猫

特発性膀胱炎とは、これといった原因がないのに発症する膀胱炎のことです。結石や細菌感染がなくなぜ炎症が起きているのか原因不明ですが、多くの場合は生活環境やストレスが原因だと考えられています。

完全室内飼いで遊びや適度な刺激もなく、ストレス発散ができない場合は、発症しやすい病気といえるでしょう。しかし、室内飼いが悪いわけではありません。やはり猫は外へは出さないのが一番安全です。

なるべく室内でも生き生きとすごせるようにしてあげるとよいでしょう。猫は狩りをするのが好きな動物です。飼い主さんがおもちゃを動かして遊んであげると、猫は狩りをするように目をキラキラさせて飛びついてくるでしょう。

4.糖尿病

注射と猫

現代猫は室内飼いに加え食べ物も充実していることから、肥満になりやすい傾向があります。

猫は動物性たんぱく質を多く必要とするので、低たんぱく質で高炭水化物の食事を続けていると糖尿病になってしまう可能性もあり危険です。

フードはなるべくたんぱく質が多いものを選んであげてください。

糖尿病になると多飲多尿や食べても痩せる、毛づやの悪さなども見られるため気がついたら早めに動物病院で診てもらいましょう。

5.猫伝染性腹膜炎(FIP)

動物病院で

多くの猫が感染したことのある猫コロナウイルスが突如として強毒化し発症する猫伝染性腹膜炎(FIP)。はっきりとした原因はわかっていませんが、ストレスなども影響しているようです。

猫にとって他の猫の存在がストレスになるケースも多々あり、多頭飼育が増えている現代では猫伝染性腹膜炎(FIP)にかかりやすいと考えられます。もちろん他にも、猫エイズや猫白血病などの病気が関係している場合も。

予防はこれといって方法がありませんが、なるべくストレスの少ない、健康的な生活を送らせるとよいでしょう。少し前までは治療法がなく不治の病だったのですが、効果のある治療薬が登場しています。しかし、日本ではまだ未承認な上高額です。

それでも愛猫の命を諦めたくないとなんとか費用を作り、完治に至るケースもあります。薬を取り扱っている動物病院が限られているため、もし投薬したい場合は調べてみましょう。

まとめ

抱っこ

現代に生きる猫が抱えるストレスや退屈、そして飽食。これらが原因となって病気にかかる可能性が増えているのは、少し複雑な思いがします。

しかし、完全室内飼いで安心安全に暮らせていることも紛れのない事実です。ずっと家の中にいてもストレスを抱えず、健康的に暮らせるよう環境を整えてあげましょう。

スポンサーリンク