猫が『病院へ連れて行かれる』のを察知したときにする行動3つ

猫が『病院へ連れて行かれる』のを察知したときにする行動3つ

猫を飼う上で避けて通れないのが病院。ワクチン接種や定期検診などで連れて行かなければならないときがあるでしょう。しかし、多くの猫が病院を嫌がるのが現実。飼い主さんが準備をしていると、「病院へ連れて行かれる」と察知するようです。それでは猫は「病院へ連れて行かれる」と察知したとき、 どのような行動をとるのでしょうか?

1515view

1.逃げる

走る猫

病院へ連れて行かれると察知したとき、猫は抵抗する手段として全力で逃げることがあります。

猫は自分のペースを乱されるのを嫌う動物。そのため不本意に拘束されるのを嫌がります。

爪切りやシャンプーなどのお手入れも、自分の意思に反して行われることなので 、抵抗する猫が多いでしょう。

それと同様に病院では、体を拘束される上、注射など痛い思いをしたとなれば、「絶対行きたくない!」と思うのも当然かもしれません。

時間がないのに猫が逃げ続けてキャリーバッグに入ってくれず、困惑する飼い主さんも多いかもしれませんね。

2.隠れる

隠れる猫

猫は野生時代、単独で狩りをしていたため、常に細心の注意を払い暮らしていました。

そのため警戒心が強く、異変を感じると、自分の身を守るために隠れるという行動をとります。

キャリーバッグを出した途端、隠れてしまう猫も多いかもしれません。

これは「キャリーバッグ=病院=嫌な場所」と学習しているのです。

危険察知能力が優れている猫の必死の抵抗なのでしょうね。

3.威嚇する

威嚇する猫

キャリーバッグに猫を入れようとしたら、威嚇されることもあるでしょう。

目を吊り上げ、「シャー」と声を上げるのは、「これ以上こっちへ来るな!」と警告しているのです。

敵意を表すというよりは、恐怖心から自分の身を守るための行動だと言えます。

まとめ

医師と不満そうな猫

いかがでしたか?

病院へ行くのは止むを得ない事情であっても、猫にとっては大きなストレスとなります。

飼い主さんは出来るだけ愛猫に不安や恐怖を与えないようにしたいですよね。

キャリーバッグに慣れてもらうために、普段から出しておき、自由に出入り出来るようにしておくのも良いでしょう。

病院へ行く当日は、飼い主さんの不安や慌てた様子は猫にも伝わってしまいます。

普段と同じ接し方をするように心がけましょうね。

スポンサーリンク