『飼い主を見て鳴く猫』の気持ち4つ

『飼い主を見て鳴く猫』の気持ち4つ

言葉を話せない猫は、鳴き声や仕草で飼い主さんに自分の気持ちを伝えています。ふと気づくと、愛猫がじっと見て鳴くことがありますよね。(いったいどうしたんだろう?)と思いませんか。今回は、猫が飼い主さんを見て鳴くときの気持ちをご紹介します。

4446view

1.お腹が空いた

鳴いている猫

猫が飼い主さんを見て鳴くとき、おねだりの意味が込められています。

猫にとって食事やオヤツは何よりも楽しみにしている時間です。

待ちきれずにあの手この手を使って、お腹が空いたアピールをします。

顔を見て鳴く姿は何とも愛らしいですが、与えすぎは猫の健康を害してしまいます。適量を心がけましょうね。

2.遊んでほしい

鳴いている猫

猫にとって「遊び」は、狩猟本能を刺激し、ストレス解消にも繋がる大切な日課です。

飼い主さんが遊んでくれるのを心待ちにしている猫も多いでしょう。

飼い主さんの顔を見ながら、甘えたような声で鳴くときは、「遊んで!」と訴えているのです。

短時間でも良いので、猫が喜ぶオモチャで遊んであげましょうね。

3.トイレを掃除してほしい

鳴いている猫

猫は大の綺麗好き。トイレにも強いこだわりを持っています。

汚れていると「こんな汚い所でしたくない!」と思っているのでしょう。

飼い主さんを不満そうな顔で見て鳴くときは、「トイレ掃除をして!」と訴えているのかもしれません。

排泄物はこまめに取り除き、清潔にしてあげましょうね。

4.嫉妬している

不満そうな猫

例えば、多頭飼いや赤ちゃんがいる場合など、嫉妬して飼い主さんの顔を見ながら鳴くことがあります。

自分に注目して欲しい気持ちや、自分の縄張りに誰かが侵入してきた!という不安からとる行動なのです。

猫も実は嫉妬する動物。あとから他に猫を迎える場合や家族が増える場合は、先住猫のケアをしっかり行いましょう。

まとめ

鳴いている猫

いかがでしたか?

猫が飼い主さんの顔を見て鳴くのには、きちんと理由があります。

愛猫とより良い関係を築くためにも、今何を思っているのか読み取ってあげたいですよね。

理由により、表情や鳴き声も異なるため、注目してみて下さいね!

スポンサーリンク