猫が1日の中で『楽しみ』にしている5つのこと

猫が1日の中で『楽しみ』にしている5つのこと

皆さんは、1日の中で楽しみにしていることはありますか。自由気ままに生きる猫にも、楽しみにしていることがあるようです。今回は、猫が喜びを感じる日課について紹介いたします。

4321view

猫が毎日楽しみにしていること

遊ぶ猫

私達は音楽を聞いたり、美味しいものを食べたりと、何かしら楽しみにしていることがありますよね。

では、はたして猫にもそういうものがあるのでしょうか?

ここでは、家猫が毎日楽しみにしていることを5つ紹介いたします。

1.ご飯タイム

猫も人も、やはり食べるという習慣は楽しみなのです。

食いしん坊さんは缶詰を開ける音や、お菓子の袋を開ける音にさえ反応するのではないでしょうか。

ここで1つ、猫の食事の満足度を上げるコツを紹介します。

1日の目安量はそのままに、回数を細かく分けると良いでしょう。

空腹による胃の負担を減らすことができる他、より本能的な習慣に近づけることができます。

2.日向ぼっこ

猫は日向ぼっこが大好き。ぽかぽかと陽の当たる晴れの日を楽しみにしています。

猫は日光浴をすることで、骨を丈夫にするビタミンDを補ったり、被毛の殺菌をしているのです。

3.お外の観察

窓の外を眺める猫

外の観察も日課です。日向ぼっこをしながら鳥の声を聞いたり、四季折々の空気感を楽しんでいます。

(本当は外に行きたいのかな?)と切なく思うかもしれませんが、心配しなくても大丈夫です。

完全室内飼育で育った猫は縄張りが室内のみなので、外出願望があるわけではないのです。

4.お昼寝

猫にとってお昼寝は、大切な仕事のひとつ。

日中はダラダラ過ごすことで、狩りに備えています。

身に危険が及ばない家猫は、リラックスタイムも至福のひとときになります。

愛猫が眠っている時は邪魔をせず、好きなだけ寝させてあげましょう。

5.飼い主さんと遊ぶこと

素っ気ない態度をとる猫も、飼い主さんを丸々無視しているわけではありません。

一緒に遊びたい時間帯があり、遊んでもらえることを楽しみにしています。

夕方以降の活発になる時間帯に、お気に入りのおもちゃで遊んであげましょう。猫にとって遊びは狩りの練習です。

ネズミや鳥を連想させるような動きを演出することで、よりリアリティが増すでしょう。

ちょっぴり迷惑な楽しみも…

猫パンチ

猫が楽しみにしている習慣には、少々迷惑なものもあります。

例えば、深夜の運動会や早朝に起こされることです。

そもそも、なぜこのような行動が見られるのでしょうか。

深夜の運動会の真相

猫が夜な夜な走り回るのは、有り余ったエネルギーを消費するためです。

要は、「遊び不足」ということになります。

子猫の場合は、活発になる時間帯に寝落ちするまで遊んであげると良いでしょう。

成猫は寝落ちはしないものの、就寝前に遊ぶと静かになります。

1回の遊び時間は数分程度で構いません。思う存分体を動かしましょう。

早朝に起こされるワケ

猫はとても早起きです。

起きて勝手に遊んでくれていれば楽なのですが、飼い主さんが巻き添えを食らうケースも珍しくありません。

というのも、猫は薄暗い朝方にも狩りをする習性があり、お腹が空いてしまうのです。

就寝前に少しご飯を食べさせることで、早朝に起こされることを防ぐことができます。

深夜の運動会と同様に、十分遊んでおくこも有効です。

まとめ

甘える猫

猫はポーカーフェイスなところがありますが、室内での暮らしを楽しんでくれているようですね。

ご飯が美味しく食べられること、ぽかぽかと陽の当たる部屋でくつろげることに心が踊るのは、人間の休日に訪れるご褒美に似ているような気がします。

猫も人も平和な日常が幸せであり、生きる喜びなのかもしれません。

スポンサーリンク