『ビックリした猫』がする仕草・行動4つ

『ビックリした猫』がする仕草・行動4つ

猫は元々単独で狩りをしていたため、とても警戒心の強い動物。そのため、些細なことでもビックリしてしまうことがあります。いったいどのような仕草や行動するのでしょうか?4つご紹介します。

1286view

1.逃げる

階段を降りる猫

自分の身に危険が迫ったとき、猫は「逃げる」という選択をします。

インターホンの音にビックリして、猛ダッシュで逃げ出すなんてこともあるでしょう。

聴覚に優れた猫が大きな音にビックリしてしまうのは無理もありません。

また、野生で危険と隣り合わせで生きてきたため、危険を察知する能力が高いのでしょうね。

2.毛を逆立てる

毛を逆立てる猫

猫が背中を丸め、全身の毛を逆立てている姿を見たことはありませんか?

大きな物音がしたり、見知らぬ人が現れたり、予期せぬことが起きたとき、猫はビックリして毛を逆立てます。

落ち着けば元の姿に戻りますが、毛を逆立てているときは緊張状態にありますので、優しく声を掛けて安心させてあげましょう。

3.飛び跳ねる

飛び跳ねる猫

私たち人間も驚いたとき、思わず飛び跳ねてしまうことがありますよね。

猫も急に何かが現れた、急に動いたなど、予想しない事態が起こったとき、ビックリして飛び跳ねます。

猫の瞬発力には飼い主さんも驚かされるかもしれませんね。

4.瞳孔が開く

目を見開く猫

猫の目をよく観察すると、細くなったり、まん丸くなったりとコロコロと変わり、様々な表情を見ることが出来ますよね。

猫は、瞳孔を開閉して光の量を調節しています。

瞳孔を開き、目を大きくすると、暗闇でも光をたくさん取り入れることが出来るのです。

しかし、それだけではなく、瞳孔の開き具合には猫の気持ちが隠されています。

ビックリしたとき、猫の瞳孔は開きます。人間が驚いて目を見開くのと同じ心理状態だと言えるでしょう。

まとめ

驚いている猫

いかがでしたか?

猫も、ビックリするような出来事が度重なるとストレスになってしまう可能性があります。

出来るだけ大きな音は出さない、雷など不測の事態が起きても猫が隠れられる場所を用意するなど、工夫をしてあげましょう。

スポンサーリンク