猫も謝るの?『ごめんね』の仕草・行動3つ

猫も謝るの?『ごめんね』の仕草・行動3つ

いたずらをして飼い主さんを困らせてしまった時や怒られてしまった時「悪いことしちゃったなぁ…」と謝る素振りを見せる猫もいます。今回はそんな「ごめんね」といった気持ちになっている猫が見せる仕草や行動について紹介してまいります。

7134view

「ごめんね」と謝っている猫はどんな素振りを見せる?

シュンとしている黒猫

猫も(悪いことをしたなぁ…)という罪悪感がある時や、飼い主さんを怒らせてしまった時などは申し訳ない気持ちになることもあります。

人間同士の場合は直接言葉で謝ることが多いですが、猫の場合はどのように謝罪の気持ちを伝えることが多いのでしょうか。

今回は、そんな時の猫のよくある仕草や行動を紹介しながら解説をしてまいります。

一見反省してないような仕草や行動が、実は「ごめんねのサイン」になっているかも…!?

1.毛づくろいをする

毛づくろいする猫

怒られた後にすぐ毛づくろいを始めた場合は、飼い主さんに対して申し訳ない気持ちを抱いていたり、動揺している可能性が考えられます。

(怒られちゃった…)という焦る気持ちを一旦落ち着けるために、毛づくろいをして気持ちの整理をしているのでしょう。

猫にとって毛づくろいはからだを綺麗にするためだけではなく、驚いた時や動揺している時に気持ちをリセットする効果もあるのです。

2.小さく丸まって萎縮する

反省する猫

小さく丸まってシュン…としているような場合も、飼い主さんに対して謝っているかもしれません。

状況にもよりますが、猫は緊張している時や気持ちが萎縮している時にからだを小さく丸めてじっとしていることがあります。

(さすがにこれはマズかったかなぁ…)と、猫なりに反省して謝っている可能性もあるといえるでしょう。

3.耳を寝かせる

イカ耳になっている猫

耳を横に倒して寝かせているような仕草を通称「イカ耳」といいます。

飼い主さんに怒られた後、このイカ耳になっている場合、申し訳ない気持ちで気まずくなっている可能性も考えられるでしょう。

イカ耳は緊張している時や警戒している時などに見せることが多い傾向にあります。

そのため、飼い主さんに急に叱られて(怒られちゃった…どうしよう…!?)とテンパったり、気まずくなっているのかもしれません。

ただし、不機嫌な気持ちの時にイカ耳になることもあります。

そんな時は怒られていることに対して(なんで怒られなきゃいけないの!?)と反感を覚えている可能性もあるため、一概に「イカ耳=謝っている」とは断言できません。

まとめ

身体を丸める子猫

一見ケロッとしているように見えるかもしれませんが、実は猫も様々な仕草や行動を通して、謝ることがあります。

あなたの家の愛猫も、実はさりげなく「ごめんね」と伝えているかもしれませんよ♪

スポンサーリンク