猫が『仲直り』したい時の仕草・行動4つ

猫が『仲直り』したい時の仕草・行動4つ

猫も、飼い主さんに叱られたり、嫌なことをされると拗ねたり不機嫌になるものです。しかし、大好きな飼い主さんとは早く仲直りをしたいと思っているはずです。それでは、猫が「仲直り」したいとき、どのような仕草や行動を見せるのでしょうか?

1620view

1.甘える

足元に擦り寄る猫

愛猫にしてほしくないことをされたとき、怒鳴る代わりに「無視する」という方法があります。

これにより猫は、「この行動をすると飼い主さんに構ってもらえなくなる」と学習します。

飼い主さんが怒って無視していると、猫は「ごめんね」と言わんばかりにスリスリしたり膝の上に乗って甘えます。

「いつまでも怒らないで!」と猫なりの必死の訴えなのでしょう。何とも愛らしいですよね。

2.様子を窺う

見つめる猫

猫は飼い主さんの表情や仕草を観察し、気持ちの変化を敏感に感じ取っています。

飼い主さんが怒っている、不機嫌であるというのはわかっているのでしょう。

猫は仲直りしたいとき、少し離れた場所から飼い主さんの様子を窺い、近づくチャンスを待っているのです。

3.鳴く

鳴いている猫

飼い主さんをじっと見つめ、可愛らしく小さな声で「ミャー」と鳴くことがありますよね。

これは飼い主さんに甘えたいと思っているときです。

「怒らないで構って!」と飼い主さんに伝えたいのでしょうね。

言葉を話せない猫の鳴き声によるアピールです。

飼い主さんも優しく声を掛けたり、撫でてあげると喜ぶでしょう。

4.お腹を見せる

お腹を見せる猫

猫にとって「お腹」は大切な臓器が詰まった急所です。

外敵に狙われたら命に関わる部位であるため、簡単には見せてくれません。

もしお腹を見せてくれるようになったら、それは信頼されている証。

襲われる心配がないと確信しているからこその行動だと言えます。

また、「あなたに敵意はありませんよ」という気持ちも込められています。

飼い主さんと仲直りをしたいときに見せる仕草の1つと言えるでしょう。

まとめ

見つめ合う少女と猫

いかがでしたか?

気まぐれに過ごしているように見える猫も、大好きな飼い主さんとは仲直りをしたいと思っているでしょう。

どんなに怒っても、猫の愛らしいアピールには根負けしてしまう飼い主さんも多いのではないでしょうか?

いつまでも愛猫と仲良く暮らしていくためには、叱ったあとのフォローも大切です。

愛する猫からの「仲直りしたい」アピールを見逃さないようにしましょうね。

スポンサーリンク