猫に『わかめ』は与えてもOK?量や効果・注意点

猫に『わかめ』は与えてもOK?量や効果・注意点

肉食動物である猫に「わかめ」のイメージはあまりありません。ですがキャットフードに入っていたり、手作りご飯に入れたりする食材として使われています。ですが与えても問題はないのでしょうか?

512view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

わかめを猫が食べると?

わかめ

わかめを猫が食べると、今のところ何か問題が起きたという報告はないようです。健康な猫が適量食べるのなら、大丈夫といわれています。

しかし、わかめに含まれる成分が完全に猫に安全というデータもありません。発がん性のある成分が含まれているという調査結果もあり、安全性については現時点でははっきりしないといわざるを得ないでしょう。

適量は?

計りに乗る子猫

今のところ健康被害はないとはいえ、大量に与えるのはNGです。わかめには猫にとって必要な栄養素であるマグネシウムが多く含まれていますが、過剰に摂取すると尿結石の原因にもなります。

適正量の明確な基準はありません。わかめは健康に役立つと考えられますが猫が絶対に食べなければいけない食材ではなく、もし与えるのであればごく少量でよいでしょう。常食させるのは避けた方がよいでしょう。

もしくは無理に与えなくても大丈夫です。

わかめの効果

海の中

猫がわかめを食べたときに考えられる効果は、基礎代謝の向上や骨・筋肉を作る、高血圧の予防などがあります。その他、腸内環境を良好に保つ、体内酵素の活性化なども期待できるのです。

マイナスの効果として、アレルギーや消化不良による下痢や嘔吐が起きることも。特に初めてわかめを与える場合はごく少量からはじめ、愛猫の体調に変化がないかを確認しましょう。

与え方

ご飯を食べる猫

わかめを与えるときは柔らかくして、細かく刻みましょう。水につけて増えるタイプのわかめは、そのまま与えると胃の中で膨張するため必ずふやかしてから与える必要があります。

また、すりつぶしてペースト状にするのもよいかもしれません。猫にわかめを与えるのは少々手間がかかりますが、ここは手を抜かずにしっかりと行ってあげてください。

持病がある猫には与えない

診察中

泌尿器系や甲状腺に病気がある猫には、わかめを与えないようにしてください。わかめに含まれるミネラルやヨウ素などの成分が影響し、症状を悪化させてしまう可能性があります。

また健康な猫であっても、人間用に味付けされたものを与えないようにしましょう。味噌汁で玉ねぎなどの害のある野菜と一緒に煮込まれたわかめも危険です。

まとめ

上から見たわかめ

わかめは今のところ、健康な猫に少量与えても問題はないとされています。ただ絶対に必要な食材ではないため、与えなくても問題はありません。

もし、愛猫に与える場合は様子を見ながら注意して与えましょう。

スポンサーリンク