猫ならではの『面白い特技』5選

猫ならではの『面白い特技』5選

愛猫をふと見ると、面白いことになっていた。という覚えはありませんか?猫にしたら特技ではないかもしれませんが、人からはそのように見える場合があります。猫ならではの面白い特技TOP5にラインクインするであろう行動をピックアップしてみました。

1085view

1.2本足でスタンダップ!

立ち上がる2匹

いつもは4本足で歩いている猫ですが、遊ぶとき、興味があるものをみるときなどになぜか2本足になってしまうことが。思わずそのようになってしまうようです。きっと、はやる気持ちが抑えきれないのでしょう。

ニュッと立ち上がるその姿はミーアキャットか、はたまた…。飼い主さんがカメラを向けると、後ろ足2本だけでバランスを取りながらバンザイをする猫もいます。その不思議すぎる行動の理由は、飼い主さんでもわからないそう。

4足歩行の動物なのかと思いきや、実は2足歩行もお手の物なのかもしれません。猫の謎は、まだまだ深いようです。

2.アクロバティックな感じになる

登った猫

猫は高いところや狭い隙間など、飼い主さんが「なんでそんなところに?」と驚くような場所にいる場合があります。細い足場でグラグラしながら必死にバランスを取っている姿も珍しくありません。当の猫は真剣ですが、その様子が飼い主さんの笑いを誘ってしまうことも。

アクロバティックな動きは猫ならではといえますが、ケガをしないように気をつけてあげてください。その高い身体能力に驚かされる場合は多いです。猫が思う存分動けるような環境を整えたら、もっとアクロバティックになってくれるかもしれません。

3.狭い箱にぎゅぎゅっと入る

箱に入った猫

猫は狭いところが大好きなので、狭い箱にぎゅぎゅと入っていることがあります。そこに獲物がいないかが気になったり、自分が収まることで安心が得られたりするためです。            

自分の体よりも明らかに小さな箱に入ろうとする猫はたくさんいます。ピッタリ収まった猫は快適そうにしていますが、飼い主さんから見ると面白い以外の何者でもないでしょう。

ですが猫は真剣なので、あまり笑わないようにしてあげてください。傷ついてしまいます。

4.ドアを開ける

隙間から覗く猫

ドアを開けてしまうのも、猫ならではの特技ではないでしょうか?レバー式のドアノブは猫がジャンプして体重をかけるのに適しており、見事にオープンしてくれます。しかし、残念ながらほとんどの場合閉めてはくれません。

体が大きい猫はわざわざジャンプせずとも、前足がドアノブに届いてスマートに開けてしまいます。こうなるともう猫を締め出すのは不可能に近いでしょう。

入ってほしくない部屋のドアノブを変えるしかありません。付け替えなくても向きを横から縦に変えるだけでOKです。ぜひ試してみてください。                                                                                                     

5.変顔

猫の変顔

猫の変顔は見た人を幸せにしてくれます。人が幸せそうに笑っていると、猫自身の幸せにつながる場合も。愛猫の変顔は記念に、ぜひ写真に残しておきましょう。

いつ変顔をするかわからないので、常に警戒が必要です。また起きているときだけとも限りません。寝顔が変顔な場合もあります。

普段の可愛い顔とのギャップはすごいです。それが余計に飼い主さんの笑いを誘うのでしょう。変顔チャンスを逃さないように常によく観察してください!

まとめ

まるくん
猫はクールでスマートなイメージかと思いきや、実は意外とお茶目なところがあります。恐らく猫はいたって真剣なのですが、飼い主さんからするとふざけているようにしか思えない…。そんなシーンもあるでしょう。

人から見ると面白い猫の特技、これからもたくさん見せてほしいですね!

スポンサーリンク