猫がそばに座るのはなぜ?5つの心理

猫がそばに座るのはなぜ?5つの心理

猫が近くに座ってくれるとうれしいですよね。猫は飼い主さんのそばに座ることでいろいろな気持ちを表現しています。信頼している気持ち、何かを訴える目的など、猫がそばに座るときの心理をご紹介します。

6238view

1.信頼や安心の気持ちのあらわれ

女性の隣に座る猫

猫が人のそばに座るという行動は、信頼や安心ができない人に対してはしない行動です。

リラックスできるので猫が飼い主さんのそばに座ります。猫は落ち着いた様子で満足そうな表情をしているでしょう。

飼い主さんにお尻を向けて座ることもあります。

これは、背後を任せても安心できるという猫の愛情表現のひとつです。

優しく話しかけたり、そっと撫でたり、飼い主さんも落ち着いた気持ちで接してあげましょう。

2.構ってほしい

座って振り向く猫

甘えたい、遊んでほしいなど猫が飼い主さんに構ってもらいたいと思っている可能性があります。

猫が飼い主さんのそばに座って見つめることが多いかもしれません。

それでも気付いてもらえなかったり、甘えたい気持ちが強くなったりすると、鳴く、スリスリする、膝の上に乗るなど次の行動に出るでしょう。

猫の性格によっては、そばに座るだけの控えめなアピールを続ける猫もいます。

十分に甘えさせたり、遊んだり、猫の気持ちを満たしてあげましょう。

3.要求がある

男性の指に鼻をつけて座る猫

お腹が空いた、トイレをきれいにしてほしいなど、「基本的なお世話をしてほしい」という要求を、飼い主さんのそばに座ってアピールすることがあります。

おやつを期待していたり、ごはんの時間まで待っていたりする猫もいます。

また、飼い主さんにピッタリくっついて座り「寒い」と訴えている可能性もあります。

4.飼い主さんがしていることが気になる

膝の上にパソコンを乗せた人と茶色の猫

飼い主さんが何か作業をしていると、飼い主さんの動き、使っている道具、音などが気になって近くに座って見ていることがあります。

勉強、ゲーム、パソコン作業などしていると猫が近くで見ていることはありませんか。

5.飼い主さんを観察している

座るメインクーン

おうちに迎えられて間もない猫、飼い主さんとの信頼関係を築いている途中の猫などは、飼い主さんを「どんな人だろう。信頼していいのかな?」と近くに座って様子をうかがっています。

猫から近づいてくるまでは何もしないでいることが仲良くなるためのポイントです。

猫のペースに合わせてゆっくりと距離を縮めて行きましょう。

まとめ

窓辺の飼い主のそばに座る猫

猫がそばに座るのは、飼い主さんに対しての信頼の気持ちをあらわしていたり、甘えたい気持ちやしてほしいことを伝えたりするための行動です。

また、飼い主さんが何をしているのか見たり、飼い主さんがどんな人なのかチェックしていたりする目的もあります。

猫が近くで座っていたら、表情や何を見ているのかなどから猫の気持ちを探ってみましょう。

スポンサーリンク