猫が『わざと繰り返す』時の気持ち5つ

猫が『わざと繰り返す』時の気持ち5つ

愛猫が、なぜか同じ行動をわざと繰り返すことはありませんか?どうしてなのでしょう?猫は謎多き生き物ですが、更に謎が深まってしまいます。同じ行動を繰り返すときの猫の気持ちをまとめました。ぜひご覧ください。

1721view

1.構ってくれて嬉しい

嬉しい猫

猫がいたずらをわざと繰り返す場合、飼い主さんが構ってくれるのが嬉しくて行っている可能性があります。それがたとえポジティブな反応ではなくてもです。

たとえば棚の上の何かを落とすと音がします。それを聞きつけた飼い主さんが飛んでくるでしょう。事態を理解した飼い主さんに叱られてしまうかもしれません。

それでも反応してくれたのが嬉しくて、何度もわざと繰り返してしまうのです。以前いたずらをしたときに飼い主さんがアクションして、それが病み付きになってしまったのかもしれません。

2.反応を楽しんでいる

ニヤッ

猫が何かをしたとき、その反応が楽しくてわざと繰り返す場合も。これは飼い主さんに対してだけではありません。

家の中にあるものをいじると変な動きをする、他の猫にちょっかいを出したときの反応が面白いなど、猫なりのポイントがありそうです。危険なことでなければ、いちいち止める必要はないでしょう。

猫が気に入っているのなら、思う存分楽しませてあげてください。

3.抗議している

怒った顔の猫

トイレが気に入らないなどの抗議で、粗相を繰り返すことがあります。奥さんが旦那さんに叱られると、愛猫が旦那さんの寝具に粗相する、というケースもあるようです。何かしら不満を感じていて、それを伝えるためにするのでしょう。

その気持ちはわかりますが、猫の排泄物は匂いがかなり強烈です。一度粗相されると後片付けが大変。洗えない物は捨てるハメになってしまうでしょう。

抗議するほどの不満が溜まっているということは、ストレスになっている可能性もあります。解消されない場合は体調を崩してしまうかもしれません。十分注意してあげましょう。

4.ストレスが溜まっている

だらんとする猫

ストレスが溜まると猫は「常同行動」という同じ行動をずっと繰り返す心身状態になる場合があります。同じ場所をずっと毛づくろいする、同じ場所を長時間行ったり来たりするなどの行動が見られるのです。

こうなってしまったときは早めに、かかりつけ医に診せるとよいでしょう。またストレスの原因を突き止めて解消してあげてください。放置はオススメできませんので、しっかりと対処しましょう。

5.構ってにゃ!!

ニャ!

飼い主さんに構ってほしいために、わざと同じ行動を繰り返す場合もあるでしょう。筆者宅の猫は遊んでほしいときに、おもちゃがしまってある棚の前で鳴いたりジャンプしたりを繰り返します。忙しいときには少し困る行動かもしれませんが、ストレスをためさせない程度に対応していきましょう。

飼い主さんの使っているパソコンの上に横たわる、テレビの前に座るなども同じ理由です。自分に注意が向いていないと不安になり、確かめようとしているのだそう。それで飼い主さんが相手にしてくれれば満足するのです。

そんな可愛い愛猫の行動、受け止めてあげてください!

まとめ

ももちゃん
愛猫が同じ行動を繰り返している、と感じる場合は何か意味があるのかもしれません。見逃さないようにしたいですね。

構ってほしいのかそれとも不満があるのか。それは飼い主さんでなければわからないことです。早めに察知して、対処していきましょう。

スポンサーリンク