猫が『瞬きする』時の意味5つ

猫が『瞬きする』時の意味5つ

猫がする仕草の一つに「瞬き」があります。これにはどのような意味があるのでしょう?疑問に感じたことはありませんか?猫の瞬きの意味を解明していきましょう!もっと愛猫との距離が近づくかも?

582view

1.信頼してます!

信じてるにゃ

猫の瞬きは、信頼している人に向けられます。ゆっくり目をつむるのは、危害を与える人ではないと知っている、という意味があるのです。ですから愛猫から瞬きをされたときは、厚い信頼を寄せられていると思ってよいでしょう。

このサインは人から猫にしても有効です。猫を安心させることができます。お互いに瞬きしあうと、ホッとした空気が流れるでしょう。

ぜひ愛猫に向けて、ゆっくりと瞬きしてみてください。

2.挨拶

こんにちはー

猫が瞬きをしてくるのには、挨拶の意味があります。初対面の相手に向かって好意的な気持ちを伝えているのです。

猫の世界で視線を合わせると、喧嘩を売っていることになってしまいます。不要な争いを避けたい猫は瞬きをして「敵意はありません!」と伝えているのです。

人でも初対面の猫の目をじ〜っと見つめると、喧嘩を売っていると勘違いされてしまう場合があります。瞬きをして挨拶しましょう。

3.「聞いてる」の合図

聞いていますにゃ

飼い主さんが愛猫の名前を呼んだとき、気が向けば返事をしてくれます。「にゃー」と鳴いて答えることもあれば、顔を向けてくれる場合もあるでしょう。

ですが気まぐれな猫です。面倒だと感じる場合は瞬きだけで答える場合が。一応「聞いてるよ」と答えてくれているのです。

その他にも耳を少し動かしたりしっぽをちょっと振ったりと、非常にわかりにくい方法で伝えてくれる場合があります。見逃さないようにしてください。どうしても面倒だと感じているときは、完全にムシされることも。

4.やめてください

やめてください

猫が「怖い!」と感じている場合、半分だけ目を閉じる場合があります。瞬きは必ずしも、ポジティブな意味だけではないのです。

飼い主さんであってもムリに抱っこされるなど恐怖を感じた場合は瞬きすることがありますので、注意してください。ものすごい恐怖を感じている場合は逆に猫の目は見開かれます。

瞬きは「怖いのでやめてください」と伝えている可能性がありますので、愛猫の様子を観察して対処してください。もし身構えているような空気を出していたら、きっと怖がっているのでしょう。

5.笑顔

一応笑ってますにゃ

猫がゆっくりと瞬きするのは、笑顔のようなものです。ご機嫌がよく、幸せな気持ちを表しているのでしょう。愛猫が飼い主さんに向かって瞬きをする場合、大抵はそこにポジティブな空気が流れているのを感じられるはずです。

ゆっくり瞬きをしてくれる人に猫は、近づきやすい印象を抱くよう。実際に近寄ってくる場合も少なくないのだとか。ぜひ猫とのコミュニケーションに活用してみてください。

まとめ

ティカちゃん
猫の瞬きが、それを向けた人への信頼を表している事実は研究で明らかになっています。その他にもいくつか意味はあるようですが、その時のシチュエーションや空気感で読み取ることができるでしょう。繊細な猫の気持ちを、感じてあげてください。

スポンサーリンク