一年の計は元旦にあり!猫のための『年間計画』で絶対外せないポイント5つ

一年の計は元旦にあり!猫のための『年間計画』で絶対外せないポイント5つ

元旦にその年の計画を立てるという人は少なくないでしょう。それを愛猫のためにも行ってみませんか?どのようなスケジュールで大切にしていくかを考えると、その1年はきっと、お互い幸せに暮らしていけるでしょう。その際に絶対外せないポイントを5つ挙げてみました。

682view

1.ワクチン接種

ワクチン接種

重大な感染症から愛猫を守るワクチン接種は、スケジュールを決めて行いましょう。かかりつけ医に相談するのがオススメです。愛猫の年齢に合わせた方法を教えてくれるでしょう。

これまでは追加接種(子猫のころのワクチン接種が終わった後の接種)は1年ごとが推奨されてきましたが、ワクチンが有害となる場合がありました。そのため、欧米で見直しがされたのです。

ワクチンの種類をコアワクチン(猫汎白血球減少症ウイルス、猫ウイルス性鼻気管炎ウイルス、猫カリシウイルス)とノンコアワクチン(猫白血球ウイルス、猫免疫不全ウイルス、クラミジア、狂犬病ウイルス)にわけ、コアワクチンは3年に1度の接種が基準となりました。ノンコアワクチンに関しては、該当の病気に感染する可能性がある場合のみ、となったのです。

これにより不要なワクチン接種を避け、猫の負担を減らせるようになりました。とはいえ副反応が起きる可能性はゼロではありませんので、接種前に獣医師に話を聞き、よく検討しましょう。

2.定期健診

定期健診

猫の定期健診は、年に1〜3回受けるのが理想的です。愛猫の年齢や体調に応じてかかりつけ医と相談しつつ、年間計画を立てましょう。

健診では身体検査や血液検査、尿検査、便検査などを行います。心配な項目がある場合は、オプションとしてもっと詳しく調べることもできるでしょう。獣医師と相談して行ってください。

猫にとっては動物病院に行くだけでも負担になりますので、必要な検査だけを見極めて行う必要があります。また検査が増えればそれだけ費用もかかるため、飼い主さんのお財布との相談も必要でしょう。

3.誕生日

誕生日

大切な愛猫のお誕生日を祝わない手はないでしょう。今年はどうやって、お祝いしますか?ケーキを買うのか、それとも飼い主さんの手作りか。プレゼントはどうするかなどを考えるのも楽しい時間です。

当の猫は自分のお誕生日など意識していないかもしれませんが、いつもよりも楽しそうな雰囲気にきっとウキウキしてくれることでしょう。一緒に楽しい時をすごし、また一つ大切な思い出を作ってください!

4.家に来た日

お祝い

家に来た日記念日をお祝いするのもよいでしょう。もしくは愛猫と出会った日記念日もよいですね!この日は少し高級なご飯を与えたり、好物のおやつを与えたりしてみてはいかがでしょうか?

きっと愛猫も喜んでくれます。なぜ祝っているのかまではわからないでしょうが、飼い主さんが楽しそうにしているのを空気で感じ取ってくれるでしょう。愛猫に家に来てくれた感謝や日頃のお礼を伝えてもよいですね。

愛を語る日として、ぜひ年間計画に入れてください。

5.不妊手術

不妊手術

保護した猫などはまだ、不妊手術が終わっていない場合もあるでしょう。手術は不幸な猫を増やさないためにも非常に重要です。健康な体にメスを入れるのはかわいそう、という意見もありますが、そうこうしているうちに繁殖力の強い猫はどんどん増えて行ってしまうのです。

気が付いたときにはもうどうにもならなくなるまで増えていた、というケースも。多頭飼育崩壊は全て、不妊手術さえしていれば防げた不幸です。そのような場所で育った猫がどんな悲惨な目に遭うかご存知ですか?

崩壊現場は大抵ゴミ屋敷になっており、糞尿がそこかしこに散らばっています。ひどい場合は積み上がって虫が大量発生し、人知れず亡くなる猫も少なくありません。たとえ命を落とさなくても、病気や寄生虫で苦しむことになるのです。

ご飯がロクに与えられず共食いする場合もあります。本来キレイ好きな猫が不衛生な環境にいるだけでも、ストレスが溜まるでしょう。大切な愛猫をこのような目に遭わせたくなければ、必ず不妊手術を年間計画に入れましょう。

まとめ

計画

愛猫の飼育管理を行うのは、飼い主さんの大切な役目です。どうしたら健康でストレスなく暮らしていけるのか、しっかりと考えてあげてください。そして年間計画を決めていくのです。

ご紹介した以外にも飼い主さんが外せないと思うポイントがあるのなら、それも盛り込んでいきましょう!

スポンサーリンク