『心を閉ざしている猫』がする仕草・行動4つ

『心を閉ざしている猫』がする仕草・行動4つ

愛猫と信頼関係が築けていたはずなのに、ある日突然、心を閉ざしてしまうことがあるかもしれません。飼い主さんとしては、早めに対処してあげたいですよね。今回は、心を閉ざしている猫が見せる仕草や行動をご紹介します。

4018view

1.隠れる

隠れる猫

飼い主さんや同居猫に対して、不信感や警戒心を抱くようになると、距離を取り始めることがあります。

出来るだけ関わらないようにと、高い所や狭い場所に隠れてしまうのです。

飼い主さんは心配になり、大きな声で呼んだり、居場所を突き止めたくなりますよね。

しかし、猫にさらなる警戒心を抱かせてしまいます。

無理に連れ戻そうとはせず、静かに様子をみましょう。

2.触らせない

怒る猫

今まで触っても怒ることなかった猫が、触ろうとすると怒ったり、逃げてしまう場合は、心を閉ざしているのかもしれません。

触られて嫌な思いをしたなど、何かしらのトラウマがあり、手が伸びてくると警戒するのでしょう。

3.威嚇する

威嚇する猫

例えば、猫が飼い主さんと一緒にいるときに、アクシデントで恐怖体験をしたとします。

飼い主さんは悪くないのに、「目の前の人は恐怖を与える人」と猫は誤解し、心を閉ざしてしまうことがあるようです。

猫は、相手に敵意を感じたときだけではなく、恐怖心により自分の身を守るために威嚇することがあります。

シャーと声を上げたり、体やシッポの毛を逆立てて、自分を大きく見せようとしているのです。

4.ご飯を食べない

お皿の前の猫

猫はストレスを感じやすい動物です。環境や家族構成の変化でも大きなストレスを抱えてしまいます。

猫のストレスの原因に気づかず、改善せずにいると、猫は次第に心を閉ざしていきます。

ご飯を与えても食べない、見向きもしない場合には、心を閉ざしてしまっているのかもしれません。

猫のストレスの原因を取り除いてあげるのが一番大切です。

まとめ

隠れる猫

いかがでしたか?

何気ないきっかけで、猫が突然心を閉ざしてしまうことは珍しくありません。

だからと言って、しつこく声を掛けたり、構うのは逆効果です。

まずは、猫が安心して過ごせる環境を整え、焦らずに時間をかけて、愛猫との信頼関係を取り戻しましょう。

スポンサーリンク