愛猫はどの技を使う?猫の『得意技』ランキングベスト3!

愛猫はどの技を使う?猫の『得意技』ランキングベスト3!

みなさんは愛猫が持っている「得意技」をいくつ知っていますか?まだ見たことのない技もあるかもしれませんよ!本記事では、愛猫も隠し持っているかもしれない「得意技」についてご紹介したいと思います。

416view

1.飼い主の肩に飛び乗る

肩乗り猫

猫は自慢の脚力で高くジャンプすることができますよね。

もちろん個体差はありますが、ジャンプを得意としている猫は飼い主さんの肩に飛び乗るのも朝飯前です。

特に「大好きな人にはいつもくっついていたい」という猫は、事あるごとに飼い主さんの肩や背中に飛んで来ます。

我が家でも、洗顔をする時には毎回必ず肩に乗る猫がいます。

また肩などに飛び乗られることを飼い主さんが受け入れてくれている場合、それが習慣化することもあります。

ちなみに猫は頭も良いため、一度でも嫌がる素振りを見せた人には無理やり飛び乗ったりしません。学習能力もかなり高いようですね。

2.「おやつください」アピール

おやつを貰う猫

猫も人間も、おやつは大好きですよね。

そして当然ながら人間はおやつを自分で出して食べることができますが、猫は飼い主さんから出して貰うという手段でしかおやつにありつけません。

そのため、猫がおやつを食べたい時には、飼い主さんに向かって懸命に「おやつをくだしゃい…」アピールします。

普段から可愛い愛猫ですが、この時ばかりは飼い主さんがおやつをあげたくなるように、普段の数倍可愛い仕草や行動を見せてくれます。

おやつが欲しい時のアピール方法は猫によって違いますが、戸棚まで飼い主さんを誘導する猫やウルウルの目で見つめてくる猫、おやつの入っている箱にスリスリする猫など、それぞれ多種多様の行動を見せてくれますよ♡

3.おもちゃを持ってくる

おもちゃを運ぶ子猫

遊ぶのが大好きな猫は、飼い主さんを「遊ぼうよ~」と誘ってくることがあります。

おもちゃを入れてある場所まで飼い主さんを誘導する猫も多いです。

中には「これで遊ぶの!」と飼い主さんのところまでおもちゃを咥えて来る猫も!

我が家の愛猫3匹も、全員が気に入ったおもちゃを自分で用意して「遊んで!」とアピールするタイプです。

投げるタイプのおもちゃの場合、投げると追いかけて行ってから暫くするとまた咥えて持ってきます。まるで犬の「取ってこい」の遊びのようです。

そのうちすぐに慣れてしまうとは思いますが、初めて愛猫がこの遊びを披露してくれた時には、思わず(あれっ?!うちの子って…確か猫だよね…??)と一瞬困惑してしまったという方も少なくないのではないでしょうか。

まとめ

跳ぶ猫

猫の得意技はその子の性格や身体能力などによっても変わります。

例えばジャンプを得意とするのはどちらかというと短毛種に多く、長毛種は肉球の周りの毛も長いため滑ってしまい、あまり高くジャンプできない猫も多いようです。

また高い場所から自分で下りられないのに何度も登ってしまう猫の中には「飼い主さんに下ろしてもらう」のを楽しみにしている猫もいるようです。

筆者も、ある日いきなり愛猫が押し入れの戸を開けた時は二度見したものです。

特に子猫の時から一緒に暮らしていると、こういったところで愛猫の「成長」を感じられます。

しかし、愛猫が「初めての技」を披露する時にはいつも度肝を抜かれている気がします。

皆さんの中にもそういった経験を持つ方は多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク