猫が飼い主の『顔の上に乗る』時の心理4選

猫が飼い主の『顔の上に乗る』時の心理4選

猫の中には飼い主さんの顔の上に乗ってしまう猫がいます。飼い主さんの隣やお腹の上ではなく、なぜ顔の上に乗るのでしょうか。猫が顔の上に乗ったき、猫はどんなことを思っているのかご紹介します。

862view

1.起きてほしい

寝ている女性と茶白の猫

猫が飼い主さんの顔の上に乗る状況で多いのは、飼い主さんが寝ているときではないでしょうか。

顔の上に猫が乗ると息が苦しくなりますよね。猫はそれを知って顔に乗ってくるのかわかりませんが、それをすると飼い主さんが起きることを分かっているのです。

なぜ起こすのか、それは「お腹が空いた」「トイレを片付けてほしい」などの理由があることが多いです。

しかし、ただ飼い主さんに起きてほしいというだけの猫もいます。

また、猫によってどうやって顔の上に乗るのかも違うようです。しっかり顔の上に乗ってしまう猫もいれば、またがるように乗る猫もいます。

2.愛情表現

寝ている女性の胸の上に乗る子猫

飼い主さんに甘えたい、遊んでほしい、構ってほしいなどの理由で猫が飼い主さんの顔の上に乗ることがあります。

起こそうとする猫もいますが、飼い主さんへの愛情を表現しているだけの可能性もあります。

顔の上に乗られると困ることもありますが、猫からの愛情だと思うとうれしいですよね。

猫が顔の上に乗らないからといって飼い主さんに愛情がないというわけではありません。

飼い主さんに愛情を伝える方法は、猫によって違うからです。

3.安心する

寝そべる猫

猫は基本的に単独行動をする生き物です。

他の猫と顔を突き合わせて寝るのは主に子猫のときです。

母猫やきょうだい猫とくっついて寝るように、飼い主さんの顔の上に乗って寝ているのかもしれません。

子猫は飼い主さんの顔の近くで寝ることが多く、成長すると顔の近くであまり寝なくなります。

成猫になっても顔の近くで寝る猫は、子供っぽい性格と言われています。

4.あたたかい

女性の胸の上に乗る白黒の猫

寒いとき、仲の良い猫同士ではくっついて寝ることがあります。

寝ている飼い主さんの上に乗ってしまうのも、そうすることで暖かく過ごせるためでしょう。

飼い主さんに肌(顔)に触れているのがちょうどいいあたたかさなのかもしれません。

また、猫同士でも他の猫をクッションや枕にして寝ることがあるように、あたたかくてちょうどいいクッションだと思って飼い主さんの顔の上に乗っている可能性もあります。

まとめ

女性のおでこに顔を近づける猫

猫が飼い主さんの顔の上に乗るのは、甘えや愛情表現の他に、お願いがあって起こそうとしていたり、くっついてあたたまろうとしたりする目的があります。

飼い主さんは息ができなくて苦しいですが、飼い主さんを信頼している猫の気持ちがあらわれている行動だと思うと可愛らしく感じますよね。

愛猫が顔の上に乗ってきたらどんな目的があるのか確かめてみましょう。

スポンサーリンク