失明の危険も!猫と『レーザーポインター』で遊ぶ時の注意点3つ

失明の危険も!猫と『レーザーポインター』で遊ぶ時の注意点3つ

猫にとって「遊び」は、ストレス発散や運動不足解消のためにも大切な日課です。「レーザーポインター」は猫が夢中で遊ぶと注目され、購入を検討する方も多いかもしれません。お勧めのアイテムですが、失明の危険もあり注意が必要です。今回は、レーザーポインターで遊ぶ時の注意点をご紹介します。

468view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1.直接目に当てない

猫の目に当たる光

人間の網膜には色を感知する細胞が多いのに対し、ほとんどの動物は光を感知する細胞が多く存在します。

そのため、動物の方が光に対して、さらに敏感に反応するのです。

猫の網膜はとてもデリケートで、0.25秒以上直視すると危険だとされています。

網膜組織が破壊されると、失明の危険性もあります。

間違っても猫の目に直接当てないよう、細心の注意を払いましょう。

2.光の強さに注意する

猫と緑の光

レーザーポインターによって光の質や強さが異なり、商品の仕様に「レベル」で記載されています。

レベルはクラス1~4までで、最大出力であるクラス4の光は、火傷や発火するほどの強さがあります。

プレゼンなどで資料を指す際に使われるレーザーポインターの光はクラス2で、猫が遊ぶために使っても良い光はクラス1です。

最近では、安価な海外製の商品も販売されていますが、安全とは言いきれません。

日本では、クラス2までのレーザーポインターしか認められていませんが、海外ではクラス3以上も販売されています。

日本で製造されたもので、光の強さが表記されたものを選びましょう。

3.猫用オモチャ以外使用しない

光を追いかける猫

光の質や強さが重要であるとお伝えしましたが、どのような商品が良いのか迷いますよね。

安全面に配慮するため、猫のオモチャとして販売されているものを選びましょう。

猫のオモチャ用に製造されたレーザーポインターの多くは危険度が低いクラス1の光を採用しています。

そして、猫用でもさらに「LED」のものを選ぶと安心です。

光の強さは光の密度により決まりますが、「LED」が使用されているポインターは、一般的なレーザーポインターに比べ密度が低いのです。

密度が高いレーザーポインターは、密度が一点に集中するため、高出力を生み出し、発火する危険性が高まります。

光の強さは安全性を大きく左右します。必ず確認しましょう。

まとめ

光で遊ぶ猫

いかがでしたか?

猫が喜ぶオモチャとして有効ですが、危険があることも忘れてはいけません。

また、「光」は実体がなく、いくら追いかけても永遠に捕まえられません。

ストレス解消どころか、猫は逆にイライラしてしまうかもしれません。

ポインターで遊んだら、最後はオモチャを捕まえさせることが大切なポイント。

猫も達成感を得ることができ、狩猟本能が満たされるのです。

レーザーポインターが気になっている方は、ぜひ参考にしてみて下さい!

スポンサーリンク