猫が『本気で嫌がっている』時のサイン5つ

猫が『本気で嫌がっている』時のサイン5つ

猫にも「好きなこと」「嫌いなこと」が存在します。そしてその気持ちを全身で表現しています。皆さんは、愛猫の仕草から気持ちを理解出来ていますか?特に、嫌がっているのに気づかないと、猫に大きなストレスを与えることになります。今回は、猫が本気で嫌がっているサインを5つご紹介します。

3180view

1.シッポをバタバタする

シッポを動かす猫

猫のシッポを見れば気持ちがわかる!と言われるほど、猫のシッポの動きには様々な気持ちが隠されています。

例えば、猫を撫でているとき。

最初は気持ち良さそうにしていても、時間が長すぎたり、触られたくない部位を触られると、猫はイライラしてきます。

そして、「もう止めてよ!」と本気で嫌がるときにはシッポをバタバタさせるのです。

猫を怒らせないためにも、覚えておきたいサインの1つです。

2.イカ耳になる

イカ耳の猫

猫が耳を横に倒しているのを見たことはありませんか?

その様子がイカに似ていることから、「イカ耳」なんて呼ばれていますよね。

そして、この「イカ耳」になったら要注意。猫が本気で嫌がっているサインです。

このサインを見つけたら、しつこく構ったり、大声を出したりするような、猫が嫌がる行動は慎みましょうね。

3.噛みつく

噛みつく猫

猫の攻撃の1つに「噛む」という行動があります。

自分の身を守るための本能的な行動で、歯の跡がつくほど強く噛むのは、本気で嫌がっていると言えます。

さらにエスカレートする前に、猫から離れましょう。

4.シャーと声を上げる

威嚇する猫

猫は、本気で嫌がっているとき、シャーと声を上げます。

「これ以上近寄らないで!」と訴えているのです。

さらに攻撃的になる可能性がありますので、落ち着くまでそっとしておいてあげましょう。

5.逃げる

走る猫

「これ以上限界!」というほど嫌な気持ちになっている場合は、その場から逃げ出すでしょう。

高い所や狭い場所など、人が踏み込めない場所に逃げ込むのです。

無理に探し回ったり、連れ戻すのは厳禁です。自分から出てくるまで待ちましょうね。

まとめ

怒る猫

いかがでしたか?

当然のことながら、猫も嫌がって怒ることがあります。

しかし、それに気づかずにいると、猫も大きなストレスを抱えてしまいます。

飼い主さんは、猫が本気で嫌がっているときのサインを決して見逃さないようにしましょう。

スポンサーリンク