猫がご機嫌になる『至極のスキンシップ術』3つ

猫がご機嫌になる『至極のスキンシップ術』3つ

猫とのスキンシップには「コツ」があるのをご存知でしょうか。猫がご機嫌になるスキンシップを心がければ、猫からの信頼や好感度も上がること間違いなしです!そこで本記事では、猫が喜ぶおすすめのスキンシップ術をいくつか紹介してまいります。猫とのスキンシップの方法に悩んでいる方や、猫とさらに仲良くなりたい方は必見ですよ!

2713view

猫がご機嫌になるおすすめのスキンシップのコツを紹介!

猫を撫でるシニアの手

「猫を撫でてあげようとしても逃げられてしまう」「愛猫とスキンシップをしているけど、喜んでくれているのかいまいち分からない…」という悩みを抱えていないでしょうか。

実は猫とのスキンシップには「コツ」があります。

そのコツさえ掴んでしまえば、きっと猫もご機嫌になり、あなたとのスキンシップの時間がさらに楽しくなるに違いありません。

そこで今回は、猫が思わずご機嫌になるおすすめのスキンシップ術について紹介をしてまいります。

スキンシップを通して猫との関係をもっと向上させたい!と思っている人のお役に立てたら幸いです。

1.猫の好きなポイントを撫でる

頭を撫でてもらっている猫

なんとなく適当に撫でているだけでは、猫もなかなか満足してくれないかもしれません。

猫とスキンシップをはかる時は「猫の好きなポイントを撫でる」のが重要です。

顎の下や背中、おでこなどを優しく撫でてあげると喜ぶ猫も多いので、ぜひ試してみてください。

もちろん猫によって好みの違いはあります。

撫でられても全く喜ばないケースもありますが、しっぽをピンと立てていたり、喉をゴロゴロを鳴らしているような場合は、猫が喜んでいるサインといえます。

2.できるだけ「小声」「高い声」を意識する

猫を抱っこする女性

スキンシップをしながら猫に話しかける人も多いと思います。

その時にぜひ意識していただきたいのが「猫への話しかけ方」です。

猫は大声や低い音に対して警戒する傾向にあります。

猫をできるだけリラックスさせるためには、できるだけ「小声」で尚且つ「高い声」を意識するのが重要なのです。

猫の好みの声で話しかけながらスキンシップをすれば、猫の安心感はさらに大きくなることでしょう。

3.猫のほうから近寄ってきた時がチャンス!

近寄ってすりすりする猫

どんなに猫から信頼されていたとしても、「猫が不機嫌なタイミング」でスキンシップをはかってしまうと、飼い主さんへの好感度も下がってしまうリスクがあります。

そのため、猫とスキンシップをするタイミングを見計らうのも非常に大切といえるでしょう。

最もおすすめなのは、猫の方から寄ってきたタイミングです。

「猫の方から寄ってくる=信頼している、リラックスしている」といえます。

猫の方から近づいてくるまで気長に待って、近寄ってきたらスキンシップをはかるようにしてみるのもおすすめですよ!

まとめ

くつろぎ中の猫

猫が喜ぶコツを抑えることが、スキンシップ上達への近道ともいえます。

猫がご機嫌になるようなタイミングや触り方、話しかけ方などを意識しながらスキンシップをはかれば、きっと猫も飼い主さんもコミュニケーションもさらに楽しくなることでしょう。

スポンサーリンク