猫が家中を『歩き回る』時の気持ち5つ

猫が家中を『歩き回る』時の気持ち5つ

猫が何をするわけでもなく、ウロウロと歩き回る姿を見たことはありませんか?飼い主さんは「どうしたんだろう」と心配になりますよね。それでは、猫が家中を歩き回るとき、いったいどのような気持ちなのでしょうか?

5159view

1.落ち着かない

廊下を歩く猫

猫は、不安やストレスを抱えていると、家中を歩き回ることがあります。

例えば、引っ越しや模様替えをしたとき、来客などです。

猫は部屋の様子が変わったり、自分の知らない匂いを察知すると不安になります。

「猫は家につく」と言われるほど、縄張り意識が強く、変化に敏感な動物。

安心できる場所がないと落ち着かず、ウロウロと歩き回るのです。

2.トイレを掃除してほしい

トイレの前に座る猫

猫はとても綺麗好き。トイレにも強いこだわりを持っています。

トイレが汚れていると、排泄を我慢してしまうこともあります。

「排泄したいけど、汚れている…。どうしようかなぁ」と家中をウロウロと歩き回るのでしょう。

排泄を我慢することは、人間同様、猫の健康を害する可能性があります。

トイレはこまめに掃除をしてあげましょうね。

3.構ってほしい

歩いている猫

飼い主さんが忙しくて構ってもらえないと、家中を歩き回ることがあります。

甘えん坊気質の猫は、飼い主さんが行く所をついて回るかもしれません。

時間をもてあまし、飼い主さんに「構ってほしい」という気持ちなのでしょうね。

4.お腹が空いた

鳴いている猫

猫が鳴きながら、家中を歩き回っている場合は、お腹が空いているのかもしれません。

猫はご飯やオヤツが欲しいとき、あの手この手を使って、飼い主さんにアピールします。

ウロウロと鳴きながら、「お腹空いた!」と訴えているのでしょうね。

5.危険はないか?

歩いている猫

猫が家中の各部屋を回り、クンクンと匂いを嗅いでいる姿を見たことはありませんか?

猫は自分の縄張りに不審者はいないか、危険はないかを確認するために、パトロールをする習性があります。

ウロウロと家中を歩き回っていたら、安全確認のために、パトロールしているのでしょう。

まとめ

歩いている猫

いかがでしたか?

猫が家中を歩き回る行動には、様々な気持ちが隠されています。

飼い主さんへの要求の場合もありますので、どんな気持ちか読み取ってあげましょうね。

愛猫との絆を深めるためにも、ぜひ参考にしてみて下さいね!

スポンサーリンク