猫をダメにする『快適スポット』5選

猫をダメにする『快適スポット』5選

ふと愛猫を見ると、ものすごいポーズでくつろいでいることはありませんか?快適スポットでは、どうもダメになってしまうようなのです。一体どのような場所が猫をそうさせてしまうのか?みていきましょう。

1378view

1.日当たりのよい場所

寝ている猫

日当たりのよい場所でダメになる猫は多いです。猫飼いさんなら一度は見かけたことがあるでしょう。愛猫のダメになっている姿を…。

これでもか!というくらい伸びきっていたり、お腹を開放しすぎていたり、とにかく快適でたまらにゃいという猫の気持ちが伝わってくるポーズを披露してくれています。

猫は日当たりのよいところが大好きです。日光を求めて移動します。太陽は時間と共に動くため、後を追っていくのです。

午前と午後で違う場所にいる、猫を見ることもあるでしょう。

2.ライトが当たる場所

ライトに当たっている猫

ライトが当たる場所も大好きです。熱が心地よいよう。ライトはライトでも、LEDだと発熱量が少ないため、もしかしたらあまり猫人気は高くないかもしれません。

飼い主さんが使っているライトを横取りする場合もあるでしょう。「仕事や読書ができない!」そんな嘆きが聞こえてきそうです。愛猫がライト好きなら、逆に猫を誘き寄せる方法に使えるかもしれませんね!

3.家電周辺

暖房の上の猫

温かくなる家電周辺で、猫はダメになります。炊飯器やプリンターの上などは格好の獲物となるでしょう。もちろん暖房器具もです!

暖房は冬の猫人気No.1スポットと言っても過言ではないでしょう。ストーブやヒーターはもちろん、コタツもかなりの猫人気スポットです。多頭飼いをしている場合は、ぎゅうぎゅうに詰まったダメ猫たちが出現することでしょう。

4.ソファ

ソファで寝る猫

ソファにてダメになる猫も多し、です。飼い主さんをさしおき、その座り心地を満喫しています。我が物顔で占領し、進んでダメになっているのです。

肘掛けにもたれたりどど〜んと真ん中で横になったり。ソファのクッションの間に潜り込み、姿を消してしまう猫もいます。まるで主のよう。

ソファには猫を引き込む魔法がかかっているのでしょう。

5.生き物のそば

犬のそばで寝る猫

飼い主さんはもちろん同居の犬やうさぎなど、生き物の近くにてダメになる場合も。適度な体温に心地よさを感じるようです。

特に冬は、くっついている時間が長くなるでしょう。触れ合っていると温かいからです。ひざ乗り猫が頻出するのもこの時期。

猫が体をくっつけてくれると温かいため、冬は重宝するでしょう。

まとめ

じじくん
猫がダメになるスポットは、至るところにありそうです。温かくてふわふわしている場所が大好きなので、そのような猫の居場所を作ってあげるとよいでしょう。きっと喜んでダメになってくれるはずです!

スポンサーリンク