猫が『飼い主のニオイ』を嗅ぐ4つのワケ

猫が『飼い主のニオイ』を嗅ぐ4つのワケ

猫がクンクンと、飼い主さんのニオイをやたらと嗅ぐことがありますよね。嗅ぐ場面や嗅ぐ場所は、猫によって様々で、個性が出るようです。何とも不思議な仕草ですが、いったいどのような理由があるのでしょうか?

1986view

1.相手の情報を得ている

見つめ合う猫と人

猫の嗅覚は、人間の数万~数十万倍と言われるほど優れています。

その優れた嗅覚で匂いを嗅ぎ、様々な情報を得ているのです。

猫同士でも匂いを嗅ぎ合っていることがありますよね。

それと同じように、飼い主さんの匂いを嗅ぎ、自分が知っている安全な匂いなのかを確認しています。

飼い主さんが帰宅したときに必死で匂いを嗅ぐのは、飼い主さんがどこで何に触れたのか気になって仕方がないのでしょうね。

2.自分の匂いをつけたい

手の匂いを嗅ぐ猫

飼い主さんの匂いを嗅ぐのと同時に、自分の匂いをつけたいという願望があります。

自分の匂いをつけて縄張りを主張し、安心したいのでしょう。

外でついてしまった匂いに自分の匂いをつけて上書きしているのです。

お風呂上りに匂いを嗅いでくるときも、洗い流れてしまった自分の匂いを上書きしているのでしょうね。

3.美味しそうな匂いがする

猫と少女

飼い主さんの顔や口周りの匂いを嗅いでくることがありますよね。

これは、飼い主さんから「美味しそうな匂い」がするのかもしれません。

食事の後、飼い主さんが食べた物の匂いが残っていると、猫は敏感に察知し「いい匂いがする!」と興味津々で嗅いでくるのでしょうね。

4.挨拶

指の匂いを嗅ぐ猫

猫の鼻に指を近づけると、必ずと言っていいほど、匂いを嗅いできますよね。

これは、猫同士が鼻と鼻をつけて挨拶するのと同じような意味を持ちます。

飼い主さんの情報収集のためだけではなく、挨拶をしてくれているのです。

何とも愛らしい仕草ですよね。優しく声を掛けたり、撫でてあげましょうね。

まとめ

匂いを嗅ぐ猫

いかがでしたか?

猫と暮らしていると、猫がクンクンと匂いを嗅ぐ姿を見ることが多いですよね。

猫は元々警戒心の強い動物であるため、自分にとって安全な人や場所であるかを、匂いで判断しています。

中には「頭や足の匂いを嗅ぐ」なんてこともあり、「匂うのかしら…」と複雑な気持ちになる飼い主さんもいるかもしれません。

しかし、これは猫の本能や習性によるものですので、受け入れてあげましょうね。

猫が飼い主さんの匂いに安心できれば、信頼関係もさらに深まるはずです。

スポンサーリンク