愛猫からどれくらい信頼されてる?猫の『座る位置』から読み取る信頼レベル3つ

愛猫からどれくらい信頼されてる?猫の『座る位置』から読み取る信頼レベル3つ

みなさんの愛猫は普段どこで寛いでいますか?わざわざ飼い主さんの体に乗る、1匹でいるのが好きなど様々ですが、実は愛猫が座る位置で飼い主さんへの信頼度が分かってしまいます!本記事では、愛猫の「座る位置」と信頼レベルについてご紹介したいと思います。

2466view

1.飼い主の体の上

膝で寛ぐ子猫

愛猫が頻繁に飼い主さんの体の上で寛いでいるなら、飼い主さんへの信頼レベルはかなり高いです。

飼い主さんが座るのを待っていたかように膝に乗る猫もいますよね♡

飼い主さんの体の上に乗ることでニオイや温もりを満喫し、安心感を得ているのだと思われます。

この時に撫でてもらえば目を細めて気持ちよさそうな表情をしていませんか?

もちろん季節によっては「寒いから密着したい」という気分の場合もあるかもしれません。

しかしそれでも、猫が信頼していない相手に自ら近寄ることはないため、信頼度は相当高いと言っても良いでしょう。

2.飼い主の手が届く場所

猫を撫でる女性

飼い主さんの膝などに直接座ってくれなかったとしても、飼い主さんが座った位置から手を伸ばせば撫でられる距離に愛猫が座っているなら、信頼度は高いほうだと言えます。

猫の気持ちとしては、まだ飼い主さんの体に密着できるほどではありません。

それでも、少なからず飼い主さんのことに興味を持っているためにこの位置に座ることが多いのでしょう。

また普段はツンデレな性格の猫が飼い主さんに甘えたい気分になった時も、この位置に座って「構って」アピールをすることもあるようですよ。

3.飼い主から離れた場所

隠れる猫

まだ迎えて間もない猫は、飼い主さんのことを信頼していいかどうか様子見をします。

しかしその場合は、飼い主さんが触れられない位置に座ることが多いようです。

それでも飼い主さんの視界には必ず入っている…という時は、猫のほうも(信頼したいなぁ…)と思ってくれているかもしれませんよ。

また飼い主さんの視界に入ることもなく隠れてしまっている状態なら、残念ながらまだ猫の警戒心が解けていません。

じっくり時間をかけて信頼関係を構築していけるように、丁寧に接してあげることをおすすめします。

まとめ

飼い主が大好きな猫

いかがでしたでしょうか。愛猫が座る位置は、飼い主さんとの信頼関係次第で変わってしまうことがわかりました。

あなたの愛猫は、いつもどんな場所で寛いでいるでしょうか。

また愛猫からの信頼度が高いほど飼い主さんの近くに来る傾向はありますが、猫の性格によっては信頼していてもなかなか飼い主さんの近くに行けない場合もあります。

そのため、全ての猫に当てはまるわけではありません。

とはいえ、愛猫から信頼されていることが目に見えて分かると嬉しくなりますよね♡

迎えたばかりでまだ警戒心が強い愛猫も、飼い主さんの愛情が伝わればきっと強い絆で結ばれて、気が付いたら膝の上…となる日もそう遠くはないと思いますよ♪

スポンサーリンク