猫にとって『快適なベッド』とは?4つの特徴とおすすめの設置場所

猫にとって『快適なベッド』とは?4つの特徴とおすすめの設置場所

猫は一日の多くの時間を寝て過ごします。猫に快適に過ごしてもらうためにはどんなベッドを用意したらいいのでしょうか。猫にとって快適なベッドの特徴や、ベッドを置く場所についてご紹介します。

654view

快適なベッドの特徴

ベッドで丸くなって寝る猫

1.猫が好む生地、季節に合わせたベッド

ベッドの素材の好みは猫によって違います。

毛足の長いふわふわした生地が好きな猫もいますし、さらっとした生地が好きな猫もいます。

我が家の猫たちもそれぞれ好みが違います。自分好みのベッドのときはすんなり使ってくれることが多いです。

また、季節に合わせた材質のベッドを用意してあげると、より快適となります。

夏はメッシュ生地、冷感生地、ラタン、金属など、ひんやりして風通しが良いベッドがおすすめです。

冬はふわふわもこもこした生地、発熱生地など、暖かいベッドを用意してあげましょう。

2.におい

猫は自分のにおいがすると安心します。

ベッドに知らないにおいや苦手なにおいがしないことがベッドを使う条件といってもいいでしょう。

買ってきたばかりのベッドは干したり、猫が使っている毛布などを中に敷いたりすると快適なベッドとなります。

3.柔らかい

ふわふわベッドで寝る猫

猫は固いベッドよりも、ふんわりしたベッドを好みます。

猫のために新しいベッドを買ったのに猫が使ってくれない場合、毛布やクッションを追加すると快適に使ってくれるでしょう。

4.猫が好む形

猫のベッドはドーム、オープン、ハンモックなど種類があります。

猫は狭くて暗い所が落ち着きます。特に警戒心が強い猫や寒がりな猫はドーム型のベッドを好みます。

ハンモックは体を包まれるようなフィット感が猫に人気です。窓に取り付けて外を眺められるハンモックもあります。

また、猫のベッドは広すぎても狭すぎても快適とはなりません。

猫の体の大きさにぴったりのベッドなら、安心して眠ることができます。

猫のベッドのおすすめの設置場所

猫ベッドに入る猫と毛布の上にいる猫

猫が気に入っている場所

  • 普段から寝ている場所
  • 日向ぼっこする場所
  • 外を眺めている場所

猫がよくいる場所にベッドを設置してあげるのがおすすめです。

ただし、高い場所にベッドを置いてしまうと、猫が移動するときや寝返りをしたときにベッドごと滑り落ちてしまう可能性があります。

思わぬ事故がおきないように、床に近い場所にベッドを設置しましょう。

季節に合わせた場所

夏は直射日光の当たらない、風通しの良い涼しい場所や冷房の効いた部屋にベッドを置いてあげましょう。

また、冬は暖房の効いた暖かい部屋や日が当たる暖かい場所などにベッドを用意してあげると、猫が快適に過ごすことができます。

まとめ

ベッドで寝るロシアンブルー

猫が快適に過ごせるベッドの特徴は、素材や形に特徴があります。

また、猫のお気に入りの場所や、涼しさや暖かさなど快適な室温の場所に置くのがおすすめです。

しかし、猫のベッドの好みは本当に様々です。

いろいろと試して、愛猫が好む快適なベッドや設置場所を見つけてあげましょう。

スポンサーリンク