『一緒に寝る猫』が抱いている5つの気持ち

『一緒に寝る猫』が抱いている5つの気持ち

最近愛猫がなぜか一緒に寝ようとしてくる…そんなことはありませんか?そこにはさまざまな気持ちが隠れているようです。一体どんな気持ちを抱いていいるのでしょうか?気になるそこのところ、読み解いて行きましょう!

6390view

1.おかあにゃん…

寝る猫

猫が飼い主さんと一緒に寝る場合、母猫のように思っていると考えられます。子猫気分でそばにいるのです。

特に、十分母猫に甘えられなかった猫の場合はその傾向が強くなるよう。さまざまな事情で小さなうちに離れてしまうことがあります。その場合、母猫代わりに思っている飼い主さんに甘えるようになるのです。

子猫は母猫にくっついて寝ますよね?その再現を、飼い主さんと一緒に寝ることで行っているのです。

2.あったかいにゃ

ポカポカ

寒いとき、飼い主さんにくっついて寝ると温かいことを猫は知っています。布団にごそごそと潜り込んできませんか?寒い日は暖をとっているのです。

猫と一緒に寝ると、飼い主さんもぬくぬくすごせます。お互い天然の湯たんぽになり、温かくぐっすり眠れるのではないでしょうか?

温かいからという気持ちで一緒に寝るのは、やはり冬が多いでしょう。こごえるような寒い夜は身を寄せ合うとほっとできますね!

3.安心だにゃー

安心

飼い主さんと一緒に寝ると「安心」という気持ちを抱いている場合も。何かがあったときに守ってくれる人と寝れば、ほっとしてぐっすり眠れると思っているのでしょう。

万が一敵が襲ってきても、飼い主さんだったら守ってくれそうです。大きくて強い飼い主さんのそばにいれば、大きな安心が得られるのでしょう。

4.甘えたいにゃ!

甘える猫

甘えん坊の猫は、飼い主さんに甘えたい一心で一緒に寝ると考えられます。猫は不妊手術をすると子育てをする必要がなくなるため、性格が子猫のままになるのです。そのため、立派な成猫であっても飼い主さんに甘えます。

いつも一緒に寝ようとする猫は、かなりの甘えん坊とみてよいかもしれません。ですが飼い主さんも、まんざらではないでしょう。楽しい愛猫との時間をおすごしください!

5.飼い主は自分のにゃ

独占

猫はナワバリ意識があるからか、独占欲の強い一面があります。飼い主さんを自分のものだとして、誰にも渡さにゃい!!と思っているのでしょう。一緒に寝ながら取られないように見張っているのです。

勝手にナワバリにされても…と戸惑う飼い主さんの気持ちもわかりますが、猫にはそれがわかりません。猫の中ではもう完全に飼い主さんは自分のものなので、そのような気持ちで一緒に寝ているのです。

まとめ

ニコちゃん
こうして飼い主さんと一緒に寝る猫の気持ちを見ていると、甘えん坊で独占欲が強い小さな子供のようなイメージが浮かんできます。そのわがままさに愛想をつかしそうになることもあるかもしれませんが、あのかわいい姿を見るとついついデレデレになってしまう猫飼いさんは多いでしょう。自由気ままに振る舞いながらも愛されてしまう…それが猫という生き物のようです。

スポンサーリンク