『ありがとうと伝えたい猫』がする5つの仕草・行動

『ありがとうと伝えたい猫』がする5つの仕草・行動

言葉を話せない猫は、様々な仕草や行動で、感情を表現しています。そして飼い主さんへの「ありがとう」の感謝もしっかりと伝えています。飼い主さんとしては見逃したくないですよね。今回は、猫が「ありがとう」を伝えるときに見せる仕草や行動をご紹介します。

6132view

1.スリスリする

すり寄る猫

猫は、猫同士で顔や体をスリスリしていますよね。

これは、仲の良い猫同士がする挨拶で、「親愛」を表しています。

愛猫がスリスリをするのは、親愛なる飼い主さんへの「ありがとう」の感謝の気持ちが込められているのでしょうね。

2.顔や体を舐める

手を舐める猫

猫が飼い主さんの顔や体を舐めるのは、愛情表現の1つです。

母猫が子猫を舐めたり、親しい猫同士で舐めるように、飼い主さんに「大好きだよ」と伝えているのでしょう。

飼い主さんを舐めるのは、いつもお世話をしてくれる飼い主さんへの感謝を伝えているのかもしれませんね。

ザラザラした猫の舌は、「痛い!」と思うこともありますが、猫の精一杯の愛情表現です。

優しく声を掛けたり、撫でてあげて、愛猫の気持ちに応えてあげましょうね。

3.そばに寄り添う

見つめ合う人と猫

自分の体調が悪いとき、悲しいことがあったとき、愛猫がそっとそばにいてくれたなんて経験をした方も多いかもしれません。

いつも一緒にいる飼い主さんの気持ちの変化を猫は敏感に感じ取るのでしょう。

たくさんの愛情を与えてくれる飼い主さんに、感謝の気持ちから恩返しをしてくれているのでしょうね。

4.お腹を見せる

お腹を出す猫

猫にとってお腹は大切な臓器が詰まった急所。

外敵に狙われたら、命を落とす可能性もあるため、本能的に守ろうとします。

そんな大切なお腹を見せるのは、信頼できる相手への愛情表現だと言えます。

大好きな飼い主さんへ感謝の気持ちを伝えているのでしょうね。

5.お出迎えをしてくれる

ドアの前に座る猫

愛猫が帰宅時に、玄関までお出迎えしてくれるのは、嬉しいものですよね。

寂しかった、甘えたいという気持ちだけではなく、可愛がってくれる飼い主さんへの「ありがとう」も込められているのでしょうね。

まとめ

鼻をつける猫

いかがでしたか?

猫は気まぐれなんて言いますが、実はきちんと飼い主さんへの「ありがとう」を全身で表現しています。

愛する猫の気持ちに気づき、精一杯の愛情を返してあげましょうね。

スポンサーリンク